FC2ブログ

マネーボール

moneyball-212x300.jpg

20161107145954.jpg

映画「マネーボール」ネタバレあらすじ結末と感想


マネーボール

マネーボールの紹介:2011年アメリカ映画。弱小野球チームのゼネラルマネージャーに就任したブラッド・ピットが、
統計から選手を評価するシステムを導入して、他球団では評価されていない選手を集めて、ワールド・チャンピオンを目指す。

監督:ベネット・ミラー 
出演者:ブラッド・ピット(ビリー・ビーン)、ジョナ・ヒル(ピーター・ブランド)、フィリップ・シーモア・ホフマン(アート・ハウ)、
ロビン・ライト(シャロン)ほか


マネーボール ネタバレあらすじ

ここからは「マネーボール」のネタバレを含むあらすじを結末まで解説します。



マネーボールのネタバレあらすじ1

元プロ野球選手のビリー・ビーンは若くして、アスレチックスのゼネラルマネージャーに就任する。
しかし、就任してすぐにチームの主力選手が複数人、他球団に移籍してしまい、チームは益々弱体化する。
このままの選手層では、ワールド・チャンピオンになることは無理だと思って、チームを大型補強しようとオーナーに提案する。
しかし、資金難に陥っているチームに他球団のスター選手を獲得するのは不可能だった。


マネーボールのネタバレあらすじ2

そんなある日、ビーンは、イェール大学卒のインテリであるピーターと出逢う。
ピーターは、各種統計から選手を客観的に評価するセイバーメトリクスを用いて、他人とは違う尺度で選手を評価していた。ピーターはそこで、その理論を推奨する余り、仕事ぶりは評価されていなかった。
ビーンは、ピーターが推奨する理論に興味を持ち、自分の補佐として引き抜く。
ビーンは、ピーターが推奨するセイバーメトリクスを用いて、他のスカウトには評価されていない埋もれた選手を発掘することになる。



マネーボールのネタバレあらすじ3

その理論を持ち込むことにより、どのような場面でもオールマイティに活躍できる選手ではなく、ある分野だけ異常に特化して強い選手を自分のチームに移籍させていく。
統計を持ち込むことにより、自球団の選手の得意なこと苦手なことがデータで浮き彫りになっていく。ビーンは、統計データのみを頼りに、監督に選手を適材適所で使用するように指示する。
この統計を用いた戦術は、選手や監督の批判が強く、中々協力体制を整えることが困難だった。
監督などは意固地になっていく。




マネーボールのネタバレあらすじ4

しかし、次第に、ワールド・チャンピオンという目標のために、ピーターが推奨するセイバーメトリクスを用いた戦術を試すことに選手や監督も協力してくれるようになる。
そして、ビーンが信じた戦術は、結果を現し始め、潤沢な資金で運営する他球団を打ち負かしていく。
チームの改革が進んでいく。
遂にリーグ戦の成績上位チームによる順位決定トーナメント出場を決める。


マネーボールの結末

しかし、アスレチックは、奮闘むなしくトーナメントで散る。
ワールド・チャンピオンになる夢は叶わなかった。
それにより、一時はビーンの戦術を支持した連中も離れていく。

ビーンは、シーズンオフに大金で、資金力が潤沢なレッドソックスに誘われる。
潤沢な資金で自分が信じる統計戦術を試す絶好のチャンスだったが、かつて、お金に目がくらみ、大学進学をせずに、
プロ野球選手になり、一向に目が咲かなかった苦い経験を思い出す。
大金に左右される判断は不幸を招くと思ってオファーを断る。

2004年、レッドソックスは、ビーンたちが試した統計戦術を用いて、ワールド・チャンピオンになる。
(以上ネットより)





(感想)
公開当時、劇場にて鑑賞。

長年の経験やカンによって選手を見極めるスカウト達の変えようがないと思われた
やり方に、正面から覆すような新しい理論をもって、野球界を改革しようとした
ビリー・ビーン。

きっかけは「資金難」
いい選手はトレードなどで引き抜かれていくし、
補充するにも資金がなく優れた選手をとることができない、では
どうするか、となった時にビリー・ビーンは「マネーボール理論」に
行き当たる。
勿論、旧来のやり方を信じるベテランスカウトマンや、その他の者たちには
強烈な反発を食らう。

それでも何とか諦めず、その理論の実践を行ったが、ピーターという良き
相棒を得て、それも良かった。そのうち
どんどんアスレチックスが連勝していくところはカタルシスがあって
痛快だった。


しかし、ドラマならそのまま優勝まで描けるだろうが
実話なので厳しい。
結局、レッドソックスがその後、その理論を取り入れて
優勝を飾った、というのだから皮肉な気もする。

要するに、資金だけあってもダメ、
マネーボール理論だけでもダメ、その両方が必要、ということだろうか。

昔ながらのやり方を、全否定もしないが、武器のない、弱小チームの場合、
何らかの斬新な方法を用いなければ
打開できなかったのだ。


新記録の20連勝をかちとったのは快挙だった。

今となってはその理論は「トンデモ」ではなく、どの球団も
取り入れて、奇をてらったものではなくなった、らしい。
ビリー・ビーンのやったことは間違ってなかったのだ。

映画としては地味だが、結構興味深く観ることができた。
娘とのやりとりも良かった。


作中のTV中継のシーンでイチローが映ってたのが
ちょっと嬉しかった。
そしてブラピはやっぱりカッコ良かった。
最近、あまり出演作品がないが、またいい映画に出てほしい。
ピーター役のジョナ・ヒルも良かった。今は、この頃より
ダイエットして随分痩せたそうだ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)