FC2ブログ

君の名前で僕を呼んで

51gaBojZRKL.jpg

callme.jpg

callme2.jpg



解説

1980年代のイタリアを舞台に、17歳と24歳の青年が織りなすひと夏の情熱的な恋の行方を、
美しい風景とともに描いたラブストーリー。
アンドレ・アシマンの同名小説を原作に「日の名残り」「眺めのいい部屋」の名匠ジェームズ・アイボリーが脚本を執筆、「胸騒ぎのシチリア」などで知られるルカ・グァダニーノ監督がメガホンをとった。
第90回アカデミー賞で作品賞ほか4部門にノミネートされ、アイボリーが脚色賞を受賞した。
「インターステラー」「レディ・バード」のティモシー・シャラメと「コードネーム U.N.C.L.E.」「ソーシャル・ネットワーク」のアーミー・ハマーが主人公カップル役で共演。
83年、夏。家族に連れられて北イタリアの避暑地にやって来た17歳のエリオは、大学教授の父が招いた24歳の大学院生オリヴァーと出会う。
一緒に泳いだり、自転車で街を散策したり、本を読んだり音楽を聴いたりして過ごすうちに、エリオはオリヴァーに特別な思いを抱くようになっていく。
ふたりはやがて激しい恋に落ちるが、夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づいてきて……。
スタッフ

監督
ルカ・グァダニーノ
製作
ピーター・スピアーズ
ルカ・グァダニーノ
エミリー・ジョルジュ
ホドリゴ・テイシェイラ

キャスト

アーミー・ハマーオリヴァー
ティモシー・シャラメエリオ
マイケル・スタールバーグパールマン教授(エリオの父)
アミラ・カサールアネラ(エリオの母)
エステール・ガレルマルシア


作品データ
原題 Call Me by Your Name
製作年 2017年
製作国 イタリア・フランス・ブラジル・アメリカ合作
配給 ファントム・フィルム
上映時間 132分
映倫区分 PG12

受賞歴
詳細情報を表示
第90回 アカデミー賞(2018年)
第75回 ゴールデングローブ賞(2018年)
(ネットより)


**************************************************
(感想)

観たいなーと思ってて、でも
あんまり期待しないようにしよう、とは思ってたんだけど。



すみません、はっきり言ってつまらなかった。


北イタリアの風景はとても綺麗だったし、建物も人物もステキだった。
ティモシー・シャラメ、美少年だった。
アドニスみたいだった。

アーミー・ハマーもハンサムだ。
本物の令息なんだって。

だけどなあ・・・。
きれないだけで退屈な映画だったなあ・・・。
評価が高いので私がおかしいのかもしれないけどなあ・・・。
感受性が鈍ったかなあ・・・。
辛気臭くて途中、眠りそうに(眠ってしまった瞬間があったかも)
なってしまった。


あ、同性愛がどうのこうのとかは全く問題ない。
恋愛感情は男女だって同性同士だって同じだろうと思う。
でもね、この二人、何が良くて惹かれあったのかもよくわからないし、
感情の揺れ動きとか心理描写が・・・あまりよく描かれてないと感じたんだよね・・・。



イタリアの田舎、綺麗な風景、そして
メイドの用意するお食事、
水泳、テニス、抱き合って、
ダンス、恋模様、抱き合って、
お食事、 自転車乗って出かけて、抱き合って、夜出かけて、ベッドで読書して、
抱き合って、ってその繰り返し。みたいな。

オリバーに惹かれているのに、エリオは女の子とも付き合うし、
そういう心理もよくわからない。
なんか、純粋じゃない気がするから共感できない。
女の子、可哀想だった。
あれじゃ、はけ口でしかないよ。


アーミー・ハマー(オリバー)の方も、両刀使いっぽい。
そしてダンスが下手、というかダサい。
ハンサムなんだけど、薄っぺらい印象。
イリヤ・クリヤキンみたいな役は合ってた。
なんか、もうちょっと陰翳のある役者さんの方がこういう役はいいように思う。

途中、途中で彼の突然の行動が意味不明でよくわからない。
例えば最初、屋敷にやってきてすぐ部屋に通されるが、
食事の時間だよーと言いに行っても「パス」って言っといて、みたいな感じで
わりとマナーが悪いというか、厚かましい?お客なのに
なんか態度デカい。(アメリカ人がみんな、あんな感じって訳じゃないよね??)

最後のエリオとの旅行中も、イチャついていたかと思ったら急にそこら辺の路上で
踊ってるカップルのところに行って、エリオをそっちのけで一緒に踊りだしたり。
どうして急にそういう行動になるのか?
意味が何かあるのかと思ったけど、何もなく。

その「人となり」が描けてないのでよくわからない。だから感情移入がしにくい。
エリオの親も気味が悪いほど物分かりが良くて、あまり共感できない。

彼等(エリオとオリヴァー)には
超えるべき壁がない。
さしあたっての障害は「同性」だということだけ、だが
親は何やら応援するくらいの勢いで暖かく見守ってくれてるし、
触れようとして触れられないような抑制的なものもなく、わりと簡単に
お互いを手に入れる。

あとは、オリヴァーが自主規制(?)して社会通念に合わせて
普通の結婚を選んだ、っていう風に見え、それとて
圧力や圧迫によって追い詰められてそうせざるを得なかった、という訳ではないと
思える。

なのであまり「切なさ」みたいなものはこちらには
伝わってこないのだ。




t02200162_0564041610209046258.jpg

t02200137_0694043110209120419.jpg

o0250016810209043972.jpg
「アナザーカントリー」のルパート・エヴェレットみたいな人がオリヴァー役だったとしたら・・・。
また見る印象が違っていたかもね。


この映画良かったなあ。そうよ、こういう映画なら全然退屈しなかったし、
耽美的な映像に酔いしれることができたのになあ・・・。
723c3086.jpg
アーミー・ハマーも
いい男ではあるんだけどね・・・。
正統派のハンサムって感じ?

mig.jpg
「ソーシャルネットワーク」ではハーバードのエリートの双子を一人で演じていて、
確かにそういうエリートらしかった。本当に御曹司だそうだから。
ただ、普通に明るいアメリカ人、ってイメージなので
エリオとカップルとしてみた場合、あまり魅力的ではなかった・・・。
特に短パンが、彼のがっしりした良すぎる体型とはあまりにも
不釣り合いで、むしろ滑稽ですらあったのだ。残念ながら・・・。

ラストシーンがいい、っていう感想もあったけど
まあ、確かに悪くはなかったけどありがち、ティモシー君は、夏のイメージと違っていて
またいっそう素敵な雰囲気だったけど、なんかさあ・・・そんなに好きだった割には
女の子にも手を出しちゃうし、一途な感じがしないから
ひと夏のラブアフェアーのように感じちゃう。
特にアーミー・ハマーの方が。

9eae0aa3-s.jpg



とにかくお話自体が私にとってはあまりにも退屈で、
恋の悲しさ、もどかしさ、切なさ、歓び、のような繊細なものがあまり感じられず、
ただ、肉体を求めているかのように見えて
それが感情移入できなかったのかと思う。

昔の欧州映画の雰囲気を求めて観たのだが、
やはりそれは望めないものだった。

同性同士ではないが、「芽ばえ」なんかもイタリアの田舎町でのお話で、
最後は列車で別れるシーンがあるが
あれなんて泣けたもんね・・・。二人がいじらしかったもんね・・・。


そう!いじらしさが感じられなかったんだよね。
「純愛」って感じがしなかったし。
それでトイレの場面とか、食べ物を履いてしまう場面とか、
結構そのモノを映しちゃうので、
全体のきれいさが台無し。
どうしてああいうの直接的に描くんだろうな。
受け入れられないわ。

ただ、映像としては印象に残るきれいなものだった。
後になるほどステキな雰囲気は
鮮やかによみがえる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)