こころに剣士を


kokoronikenshiwo.jpg




THE FENCERこころに剣士を

こころに剣士を

ジャンル
ドラマ /スポーツ

本編時間
[字]100分
[吹]100分

制作
2015年
フィンランド

作品解説

1950年代のエストニアを舞台にした感動ドラマ。
実話を元に、時代に翻弄された元フェンシング選手と子供たちの師弟愛を描く。
ナチスとスターリンに引き裂かれた1950年代初頭のエストニアを舞台に描く、実話を元にした感動ドラマ。
第二次大戦後、秘密警察に追われる身となりながらも子供たちにフェンシングを教えることになった元フェンシング選手が、
子供たちと師弟愛で結ばれていくまでを、時代に翻弄される中で希望を取り戻そうとする周囲の人々の姿を交えながら
繊細に描写する。
主人公を演じるのはエストニアのスター俳優マルト・アヴァンディ。

ストーリー

ドイツに代わりソ連の支配下に置かれた1950年代初めのエストニア。
ソ連の秘密警察に追われる元フェンシング選手のエンデルは小学校教師として田舎町に身を隠す。
生徒の多くはソ連の圧政で親を奪われ、未来に希望を持てずにいたが、エンデルが課外授業でフェンシングを教え始めるとそんな彼らの瞳が輝き始める。
やがて生徒からレニングラードで開かれる全国大会出場をせがまれたエンデルは、捕まることを恐れて躊躇するが…。
(ネットより)





(ネタバレあり 感想)

これが実話の話とは知らずに見たので、最後の説明で初めて知って驚いた。
エストニアのことも、背景も何も知らずに見たのだが
エストニアがこんなに悲劇的な運命を背負っていたなんて・・・。

ポーランドもちょっと似たようなところがあるが、
最初、エストニアにソ連が侵攻し、実効支配されてしまい、
指導的立場の政治家や軍人は処刑。
その後、ドイツが攻めてきて独ソの戦闘が始まり、
その戦いにエストニアの人々は参加させられてしまう。
同じエストニア人同士で殺しあわなければならない状況となった。
大国に踏みにじられる小さな国の悲劇。
それを大袈裟ではなく、淡々と地味に映画いているがそれが
却って胸に迫ってくる。



戦後はまたソ連が支配し、戦時中ドイツに協力した人や反体制的な人は
密告やら捜索やらで追われることになる。
本作はその一人を描いたものである。

主人公は身分を隠しながら地方の小さな学校へ教師として赴任する。
クラブ活動としてフェンシングを始めるが、子供たちが熱心になって
いつしか力を付けていく。

・・・最後は見つかって連行されてしまうので、
処刑されるのか、と思ったが・・・。










最後、
最初のシーンと同じように
主人公が最初に降り立った田舎町に列車から降りるシーン。

そして子供たちが出迎える・・・感動のラストだ。


今も彼の作ったフェンシング部は存続しているという。
なかなかいい映画だった。
エストニアがどこにあるのかもはっきりわからなかったが、
こういった作品を通じて、歴史的背景や小さな国の受けた打撃を
知ることができる。

淀川さんではないが、まさに「映画は私の学校だ」
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)