ダベンハイム失踪事件

銀行頭取のダベンハイムが失踪した。
ダベンハイムは、客の男性を駅まで歩いて迎えに行ったまま消息を絶っていた。

ポワロは、全ての事実を知ることができれば部屋を出ずに事件を解明できると、ジャップ警部と賭けをする。
その客は株取引でダベンハイムにひどい目にあわされ、恨みを抱いていたという。
警察は彼の犯行を疑うが、ポワロはそれを否定する。







【 事件概要 】
 銀行頭取のダベンハイムが失踪。
ローエンという男を迎えに行くと行って出かけたまま帰ってこなかった。
ローエンは1人で現れ、途中誰ともすれ違わなかったという。

 ジャップ警部はローエンを疑うが、ポワロは否定。ポワロが部屋を出ずに解決すると賭けをする。
ポワロの代わりにダベンハイムの妻やローエンらに話を聞くヘイスティングス。

 湖でダベンハイムの上着が発見される。さらに隠し金庫が破られ、中にあった宝石などが全て盗まれていたことがわかる。
部屋にいたローエンが疑われるが、大きな音を出すとすぐ気づかれることがわかる。どうやって誰にも気づかれずに金庫を壊すことができたのか。

 ローエンの出場するカーレースを見に行った警部とヘイスティングス。
警部の財布がスリに奪われ、追跡劇の末逮捕。スリはなぜかダベンハイムの指輪を持っていた。
湖にいたところ、何者かが捨てたので拾ったのだという。面通しをした結果、捨てたのはローエンだとわかった。

 全てを聞いたポワロは事件の真相がわかった。ダベンハイム銀行が潰れると予言する。
そして実際銀行は倒産した。

 警察にダベンハイムの妻を連れて行く。妻はスリの顔を見て驚く。
スリは逃げ出そうとした。スリこそがダベンハイム本人だった。銀
行を計画的に倒産させ、金を持って姿をくらましたのだ。




(ネタバレ感想)

アームチェアディテイクティブです。
ジャップ警部と賭けをすることになる。
部屋から一歩も出ずに解決、と。

けれどヘイスティングスが手足となってポワロの代わりに動き回って
情報収集する。

今回もコミカルな部分が多くて面白かった。
声も納谷悟朗が担当していたりして今となっては貴重。
昔の吹き替えは豪華版。

今回は誰も殺されてないんだよね。
まあ詐欺ってことか。
奥さんは知らなかったんだ。
途中まで共犯かと思ってたけど・・・。

用意周到に計画したんだね。
奥さんも欺いて。
スリの振りまでしてわざと捕まって。

大変だぁ~。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)