FC2ブログ

エンドハウスの怪事件

sakuhin11.jpg



1990年作品
製作:ブライアン・イーストマン、監督:レニー・ライ、脚色:クライブ・エクストン
日本語版プロデューサー:里口 千、日本語版演出:山田 悦司、日本語版翻訳:宇津木 道子

エンドハウスの怪事件
出演:
エルキュール・ポワロ … デビッド・スーシェ/熊倉 一雄
ヘイスティングス大尉 … ヒュー・フレイザー/富山 敬、安原 義人
ジャップ主任警部 … フィリップ・ジャクソン/坂口 芳貞
ミス・レモン … ポーリン・モラン/翠 準子
      ※   ※   ※
ニック・バックリー … ポリー・ウォーカー/中村 晃子
ジョージ・チャレンジャー中佐 … ジョン・ハーディング/前田 昌明
バート・クロフト … ジェレミー・ヤング/増岡 弘
エレン … メアリー・カニンガム/吉田 理保子
ジム・ラザラス … ポール・ジェフリー/大塚 芳忠
フレディー・ライス … アリソン・スターリング/加藤 みどり
チャールズ・バイス … クリストファー・ベインズ/小川 真司
ミリー・クロフト … キャロル・マクレディ/前田 敏子
マギー・バックリー … エリザベス・ダウンズ/安達 忍

あらすじ
ポワロとヘイスティングスは、南イングランドのセント・ルーで休暇を過ごしていた。
そこで知り合いになった美女ニックが忘れていった帽子に銃弾の跡があるのを見つけたポワロは、彼女が住むホテルの近くの大邸宅を訪ねる。
聞けば彼女は、それまでに3回も危険な目に遭っているという。
そして海岸で花火が打ち上がったある夜、ついに殺人事件が起こる。
誰が何の目的で殺人を犯したのか?ポワロは真相究明に乗り出す。




(ネタバレ感想)

ヘイスティングスとのやりとりが面白い。
「イギリス人に生まれなくて不幸と思ったことはありません」なんてセリフも
面白いし、コミカルな部分が多くて楽しい。

後のシリーズに行くほどシリアスで暗い印象が強い。
この頃のものは吹き替えも楽しい。
あんまり合ってないけど中村晃子とか。
あと、サザエさんの声の人(加藤みどり)とか。で、マスオさんの声の人(増岡弘)も。
フフフ♪

間違って殺されたと見せかけた従妹の役の人が
はかなそうで綺麗だったけど、すぐに
殺されちゃったのでちょっとしか出てこなかったのが残念な感じ。

あの親戚の夫婦がやっぱり怪しいのか?と
思わせておいてまさかのニック、真犯人。
しかも動機はエンドハウスのため・・・。

従妹、可哀想・・・。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)