無法松の一生

o0640048012855157209.jpg






あらすじ

明治30年、小倉に無法松と呼ばれる人力俥夫の松五郎がいた。
松五郎は博奕で故郷を追放されていたが舞い戻り、若松警察の撃剣の先生と喧嘩をして頭を割られ、木賃宿の宇和島屋で寝込んでいた。そんな松五郎は喧嘩っ早いことで評判で、ある日、芝居小屋で仲間の熊吉と枡席でニンニクを炊いて嫌がらせをし、
木戸番と喧嘩するが、結城重蔵の仲裁で素直に謝った。松五郎は意気と侠気のある男だった。

松五郎は堀に落ちてけがをした少年・敏雄を助ける。敏雄の父親は陸軍大尉の吉岡小太郎であり、これが縁で松五郎は吉岡家に出入りするようになった。しかし、吉岡大尉は雨天の演習で風邪を引き急死した。
夫人のよし子は、敏雄が気の弱いことを心配して松五郎を頼りにする。松五郎は夫人と敏雄に献身的に尽くしていった。

やがて敏雄は小倉中学の4年生になり、青島陥落を祝う提灯行列の日に他校の生徒と喧嘩をして母をハラハラさせるが、松五郎は逆にそれを喜び喧嘩に加勢した。その後敏雄は五高に入学し、松五郎とは疎遠になっていった。小倉祇園太鼓の日、夏休みのため敏雄が五高の先生を連れてきて帰省した。本場の祇園太鼓を聞きたがっていた先生の案内役をしていた松五郎は、山車に乗って撥を取り太鼓を打つ。流れ打ち、勇み駒、暴れ打ち。長い間聞くことのできなかった本場の祇園太鼓を叩き、町中にその音が響いた。

それから数日後、松五郎は吉岡家を訪ね、夫人に対する思慕を打ち明けようとするが、「ワシの心は汚い」と一言言って、彼女のもとを去った。その後、松五郎は酒に溺れ、遂に雪の中で倒れて死んだ。彼の遺品の中には、夫人と敏雄名義の預金通帳と、吉岡家からもらった祝儀が手を付けずに残してあった。
スタッフ

監督:稲垣浩
原作:岩下俊作
脚色:伊丹万作
製作:中泉雄光
撮影:宮川一夫
音楽:西悟郎
録音:佐々木稔郎
設計:角井平吉
編集:西田重雄

キャスト

富島松五郎:阪東妻三郎
結城重蔵:月形龍之介
吉岡小太郎:永田靖
夫人よし子:園井恵子
吉岡敏雄:川村禾門
敏雄の少年時代:沢村アキヲ
宇和島屋:杉狂児
撃剣の先生:山口勇
巡査:葛木香一
熊吉:尾上華丈
木戸番の清吉:小宮一晃
松五郎の父:香川良介
松五郎の継母:小林叶江
松五郎の少年時代:町田仁
奥大将:荒木忍
副官:横山文彦
五高の先生:戸上城太郎
居酒屋の亭主:水野浩
町の古老:葉山富之輔
茶店の老婆:二葉かほる
茶店の客:浮田勝三郎
子を探す母親:滝沢静子
酔っぱらいの紳士:春日清
俥上の客:大川原左雁次
オチニの薬売り:志茂山剛
虚無僧:小池柳星
ぼんさん:駒井耀
師範の主将:中根正治
敏雄の学友甲:阪東実
敏雄の学友乙:宗春太郎
太鼓を打つ青年:杉本潤一

(以上ネットより)

Muhomatsu_1943.jpg

o0516029012855344634.jpg


無法松の純情に涙する。
無学で短気で喧嘩っ早いが、愛嬌があって憎めない松五郎を、まさに
なり切って演じている板妻が、やはり素晴らしい。
吉岡夫人役の園井恵子もとても気品があって美しい。
いかにも軍人の妻、といった風情である。
この女優さん、広島で原爆にあい
命を落としたそうだ。何とも・・・。

長門裕之も可愛らしい。
小さいときはあんなになついていたのに、年頃になって
松五郎が恥ずかしいと思うようになり
距離を置くのが、何とも切ない。

ちょうちん行列のシーンが幻想的で夢のように美しい。

今回、GHQにカットされたという6分間を見ることができた。
日露戦争の戦勝祝いの行列。
そして学生同士の喧嘩のシーン。
暴力的で好戦的なのが良くないということらしい。

戦後、一貫して「戦うことは悪」として刷り込まれてきたのは
こういった戦勝国の思惑が働いていることがわかるエピソードだ。

この映画、戦前は軍部に、「軍人の妻に恋慕を抱くのは怪しからぬ」ということで
カットされたシーンがあり、戦後はGHQにカットされるという憂き目にあった
いわくつきの作品だ。
GHQによってカットされたフィルムは宮川一夫さんが
そっと持っていたそうだ。
それで今になって見ることができるようになったのだ。


この後、稲垣監督はセルフリメイクで三船を松五郎に据えて
撮っている。
恐らくはそのように切られまくった作品を、今度こそ
満足いく形で世に出したかったのではないだろうか。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)