オリンピック

オリンピックが始まったので、映画を見る暇がなくなっている。

ここへきて日本人選手のメダルが相次いでいる。
中でも引きつけられたのはハーフパイプだ。
平野選手、まだ19歳だというのにあの落ち着き、
冷静さ、それでいて高難度技に挑む情熱あるガッツ。
凄い。
ショーン・ホワイトも凄かった。最後の最後に決めた。
最後に滑りたいから予選で何が何でも一位の得点を獲得したかったらしい。
二人とも清々しかった。
しかし今日になってあれは誤審の可能性があると。
ホワイトの方に若干のミスが(ブーツグラブ)あったらしいし、
録画を見ればなるほど、ボードでなくブーツを掴んでいるように見える。
これを正当にジャッジしていたらどうなっただろう。
これの減点がどれくらいになるのか、門外漢の私には予想できないが、
選手はあれだけ命がけのパフォーマンスをしているのだから
ジャッジも命がけで採点してほしい。

平野選手はストイックにスノーボードに人生の総てを捧げている。
頭が下がる、まだ19なんだぜ・・・。
ショーンも平野も大怪我を乗り越えて大技に挑んだ。
二人とも金メダルの価値がある。


DV9xAx1UMAA3a1a.jpg
今回、選手の皆さんから「感謝」、「自分だけのメダルではない、」などと
応援してくれた人、協力してくれた人、チームメイトへの感謝の言葉が
多く聞かれた。
皆、謙虚で人間性が素晴らしい。
いい若者たちばかり、一流の選手は人間性も一流だ。


DO9zV6wVAAAZhJ3.jpg
町田樹氏も言葉の魔術師のような人。
今回少しフィギュアを解説していたが、相変わらずクレバーな人だと思う。
そして率直だ。
(試合時間が午前ということについて)
「元選手の立場から言わせてもらえば、受け入れがたい」
(団体戦について)
「団体戦に出た選手には大きな負荷がかかる。
疲労を残したまま個人戦に突入することになる。
団体戦に出た人と出なかった人とで差が出てしまう。
イーブンではない。
そこで団体戦と個人戦を逆の順番でやればいいと思う。
そうすれば団体戦に出ない人と出た人との差がなくなる。」
宮原選手の回転不足について
「今回、全ての選手についてスローで見てみましたが
何ら遜色はありません」
(回転不足ではなかったとも回転不足だった、とも断定はしていない。
絶妙な言い回しでこれから個人戦を戦う宮原選手にエールを送った。

まっちー、あなたの言葉は人を引き込む魅力がある。
もっと解説として登場してほしい。

DNSnWByUEAEaR9P.jpg
アイスダンスかペアか?
この二人なら世界中が魅了されるだろう。



今回、ペアで優勝したのはサブチェンコ、マッソ組。
4位からの逆転だった。

高難度の個性的な技、独創性、ミスのない演技、二人の息がピッタリで乱れがなかった
プログラム構成も良かった、美しかった、文句のない優勝。
こういう結果なら本当にスッキリ納得できる。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)