黙って抱いて

ph.jpg

o0320032013481988361.jpg

mylane-demongeot_a1.jpeg



解説

マルク・アレグレとウィリアム・ベンジャミンのオリジナル・シナリオをアレグレとオデット・ジョアイユー、ガブリエル・アルー、ジャン・マルサン、ロジェ・ヴァディムの五人が共同脚色、アレグレが「パリジェンヌ」につづいて監督した探偵喜劇。撮影は「雨のしのび逢い(1960)」のアルマン・ティラール、音楽はジャン・ヴィーネ。出演は「ローマの恋」のミレーヌ・ドモンジョ、「爪を磨く野獣」のアンリ・ヴィダル、「生きる歓び」のアラン・ドロン、「勝負をつけろ」のジャン・ポール・ベルモンド、ベアトリス・アルタリバなど。製作はマルク・アレグレ。
ストーリー

ヴィルジニー(ミレーヌ・ドモンジョ)は孤児院や養育園から脱走すること三度という経歴の持ち主。
友人のオルガと逃げ出したところをベビー・ギャングたちと知り合い仲間に入る。
警部のジャン(アンリ・ヴィダル)はヴァンドーム広場の宝石商からエメラルドを盗んだギャング団を街の兄ちゃんに変装して捜査中。
彼はヴィルジニーをギャング団の一味として捕えるが、この美人の犯人にすっかり惚れこみ、正体を現わしてしまう。
警官嫌いのヴィルジニーはジャンの素性が分ると怒り出し、復讐しようと決心する。が、その彼女にジャンが求婚する。
一度は拒絶するヴィルジニー、しかし彼の男らしさについつい結婚を承諾するが以前助けられたベビー・ギャングと離れるわけにいかず、夫の目を盗んで彼らの仕事の手伝いをつづける。
そうした彼女の動きを知ってか知らずかジャンは寛大な態度をとっていた。そのうち、彼はベビー・ギャングたちが密輸したカメラの中に問題のエメラルドが隠されているのを発見、ヴィルジニーの足どりを追跡してベビー・ギャングの親分であるギャング団の正体をとらえる。
そして今は、すっかり夫に惚れ込んだヴィルジニーは仲間のルルー、ピエローに応援を求め、ジャンにギャングの親玉シャルマーニュを逮捕させる。
ジャンは黙ってヴィルジニーを抱く。何か言おうとするヴィルジニー。
ジャンはその彼女に「美しく、そして黙って」とささやいた。...

スタッフ

監督
マルク・アレグレ
脚本
マルク・アレグレ
ウィリアム・ベンジャミン
脚色
マルク・アレグレ
オデット・ジョワイユ

キャスト

アンリ・ビダルJean
ミレーヌ・ドモンジョVirginie
アラン・ドロンLulou
ジャン=ポール・ベルモンドPierrot
ベアトリス・アルタリバOlga


作品データ
原題 Sois Belle et Tais-Toi
製作年 1958年
製作国 フランス


*何とも可愛い映画。
これって全然見た覚えがない。
若い若いアランドロンとジャン・ポール・ベルモントが出ている。
ミレーヌ・ドモンジョがとっても可愛い。
すぐ下着姿になるけど、どちかというとキュートな感じ。
そしてとってもスタイルがいい。バービー人形みたいなスタイル。
こういうスタイルの人って今、あんまり見ないなあ。
特に白人系は鍛えて筋肉質な感じの肉体が流行りなのか、
マドンナとかピンクとかいかつい。
でもこの頃ってバルドーもだけどとってもウエストが細くって女らしい体型で、
コケテイッシュ。
そのことに感慨を覚えた。
こういうところにも年月が感じられるんだなあ、
そういった印象を持ちました・・・。

お話は昔の少女漫画のような他愛もないロマコメ。
まあー少し冗長な感じの部分もあるけど、結構楽しめた。
60年代の映画ってやっぱりいいなあ。(この映画が作られたのは58年だそうだけど)
この頃って名作がたくさん生まれてる。
また少しづつ見直していきたい。

「刑事」
「ヴーべの恋人」
「わらの男」
「シベールの日曜日」
「禁じられた遊び」
「お嬢さんお手やわらかに」
とかね・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)