コードネーム U.N.C L E

f805332df5d1793a786a9037fd1ef636.jpg

uncle_sub 1

uncle_main 2-950x632






映画「コードネーム U.N.C.L.E.」のネタバレあらすじ結末


コードネーム U.N.C.L.E.

コードネーム UNCLEの紹介:2015年イギリス映画。
時は1960年代、東西冷戦の最中。敵対するCIAとKGBは、巨大犯罪組織のテロを阻止するため手を組むことになります。敏腕CIAエージェントのナポレオン・ソロは、KBGの超エリートのイリヤ・クリヤキンと共に任務に挑みます。1960年代の人気ドラマ「0011ナポレオン・ソロ」を大胆にアレンジしたスタイリッシュなスパイ映画です。

監督:ガイ・リッチー 出演者:ヘンリー・カヴィル(ナポレオン・ソロ)、アーミー・ハマー(イリヤ・クリヤキン)、
アリシア・ヴィキャンデル(ギャビー・テラー)、アレキサンダー・ウェーバリー(ウェーバリー)、エリザベス・デビッキ(ヴィクトリア・ヴィンチグエラ)ほか

コードネーム U.N.C.L.E.のネタバレあらすじ結末

映画「コードネーム U.N.C.L.E.」のあらすじをまとめたネタバレ記事を紹介します。結末・ラストまでネタバレ解説していますので、これ以降の「コードネーム U.N.C.L.E.」のネタバレはご自身の判断でご覧ください。


コードネーム U.N.C.L.E.のネタバレあらすじ:東ベルリン脱出

1963年、ベルリン国境検問所。東西連戦の最中、敏腕CIAエージェントのナポレオン・ソロは、ナチスのロケット科学者であったテラー博士の行方を捜すため、東ベルリンに潜入します。ソロはKBGより一歩早くテラー博士の娘ギャビーに接触しますが、彼女は父親の行方は知らないようです。テラー博士は戦後、アメリカに協力し悠々自適な暮らしをしていたのですが、二年前から行方不明になっています。ソロはKBGの超エリートのイリヤ・クリヤキンの追撃をかわし、ギャビーを東ベルリンから脱出させます。
コードネーム U.N.C.L.E.のネタバレあらすじ:即席コンビ

ソロは上司と共に、敵対するKGB陣営との会合に列席することになります。ナチス残党と巨大国際犯罪組織との核兵器によるテロ計画を阻止するため、CIAとKGBが急遽、手を結ぶことになります。テラー博士の失踪は組織が関わっているため、ソロとイリヤは組織に潜入し、テラー博士と研究データの奪回任務が命じられます。ソロはヴィンチグエラ夫妻の調査、イリヤは組織の幹部であるギャビーの伯父ルディに接触するため、彼女の婚約者を偽ることになります。考え方もやり方も正反対なソロとイリヤは、テラー博士失踪の鍵を握るギャビーと共に任務にあたります。

コードネーム U.N.C.L.E.のネタバレあらすじ:二転三転

三人は組織の表向きの仕事である会社のパーティに潜入し、ソロは組織を仕切っているヴィンチグエラの妻ヴィクトリアに、イリヤとギャビーはルディに接触します。パーティで得た情報を元に、ソロとクリヤはヴィンチグエラの倉庫に潜入し、証拠であるウランを見つけます。しかし倉庫の警報が鳴り、二人は命からがら逃走します。ルディと会うことになったギャビーに対して、イリヤは任務の範疇を超えた心配をします。小型追跡装置をつけてギャビーを追跡中のイリヤは、彼女が自分たちを裏切ったことを知ります。一方、ヴィクトリアの手に落ちてしまったソロはイリヤに助けられます。


コードネーム U.N.C.L.E.の結末:任務完了

ソロとイリヤの前に、今回の作戦の指揮官でMI6のウェーバリーが現れます。ウェーバリーは二人に、ギャビーは裏切り者ではなく自分の部下だと告白します。ヴィンチグエラの島に上陸したソロとイリヤはギャビーを救出し、ヴィクトリアのテロ計画を阻止します。任務を終えホッとしたのも束の間、ソロとイリヤは互いを殺す覚悟で奪回した研究データのディスクを本国に持ち帰るという別任務が重くのしかかります。しかし二人は、核兵器開発が行われないようにディスクを焼却します。別れがたいソロとイリヤとギャビーのチームは解散のはずでしたが、ウェーバリーからコードネーム「U.N.C.L.E.」で新たな任務を命じられます。

以上、映画コードネーム U.N.C.L.E.のあらすじと結末でした。
(ネットより)


昔やってたドラマ「0011  ナポレオンソロ」のリメイク。
ドラマの時のままの60年代を描いてくれてるのが嬉しいところ。
ナポレオンソロ見てたなーー!
あの頃はスパイものが流行ってたからな!
「007」が大ヒットしてて、ドラマではそれいけスマートもコメディだけどスパイものだし
なんといっても「スパイ大作戦」が面白かったしなあ。

その中でナポレンソロは、ロバート・ボーンとデビット・マッカラムが共演する
いわゆるバデイもので、アメリカ側とソ連側のスパイが協力するというところが
あの冷戦時代だからこそ、意表をついていて面白い設定だった。
201512091749327c8s.jpg



この映画も、ガイ・リッチーがいつもの感じで手際よく撮っていて
普通に楽しめる。
主演の二人もカッコいいし、女優さん(アリシア・ビキャンデル)の衣装も可愛かった。
2015120917493296fs.jpg

それに敵役の女優さん、ステキだったー!(エリザベス・デビッキ)
ちょうどあの、60年代のモデル風美人っていうのがピッタリはまってるし、
大柄でクールで実に素敵。怖いし。
img_code-name_05-530x353.jpg

uncle02-1024x682.jpg



続編が楽しみ。作ってくれるんだよね?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)