FC2ブログ

教授のおかしな妄想殺人(ネタばれあり)



映画「教授のおかしな妄想殺人」のネタバレあらすじ結末
146226030630674206180.jpg


教授のおかしな妄想殺人

教授のおかしな妄想殺人の紹介:2015年アメリカ映画。

小さな町の大学に勤務が決まったエイブ・ルーカス教授は、生きがいのない生活を送っていた。しかし妄想殺人をすることで新たな目的を見つけた教授は、その殺人を実行に移すが…。
監督:ウディ・アレン 出演者:ホアキン・フェニックス(エイブ・ルーカス教授)、エマ・ストーン(ジル・ポラード)、パーカー・ポージー(リタ・リチャーズ教授)、ジェイミー・ブラックリー(ロイ)ほか
教授のおかしな妄想殺人の予告編 動画
教授のおかしな妄想殺人のネタバレあらすじ結末

映画「教授のおかしな妄想殺人」のあらすじをまとめたネタバレ記事を紹介します。結末・ラストまでネタバレ解説していますので、これ以降の「教授のおかしな妄想殺人」のネタバレはご自身の判断でご覧ください。
教授のおかしな妄想殺人のネタバレあらすじ:起

哲学を学ぶ女子大生・ジル(エマ・ストーン)の大学に、有名なエイブ・ルーカス教授(ホアキン・フェニックス)がやってくることが決まりました。ジルは期待します。エイブは妻に浮気され、落ち込んでいました。自分の親友と浮気したと知ってから、エイブは不能に陥っています。新たな大学へやってきたエイブに、同僚のリタ・チャールス教授(パーカー・ポージー)が迫りました。リタは夫のいる身ですが、離婚してヨーロッパに行きたいと思っています。
教授のおかしな妄想殺人のネタバレあらすじ:承

女生徒のジルやリタ教授に思いを寄せられながらも、エイブはなんとなく生きていました。生きがいがないのです。そんなある日、エイブは店でとんでもない判事の話を聞きました。金で買収されている判事の名がスパングリー判事(トム・ケンプ)と知ったエイブは、ふと「無関係の自分が殺したらどうなのか」と考え始めます。裁判に関係していない自分だったら、疑われる心配がないと考えたエイブは、その日からスパングリー判事を殺す妄想にとりつかれます。
教授のおかしな妄想殺人のネタバレあらすじ:転

殺害計画を夢中になって考えるエイブは明るくなり、周囲にも溶け込んでいきました。不能でなくなったエイブは、リタと身体を重ねます。エイブは妄想にあきたらず、殺害を実行しました。スパングリー判事のスケジュールを調べ、毒で殺したのです。当初は心臓発作とされ、エイブは満足しました。司法解剖されたスパングリー判事の死因が毒殺と判明し、捜査が始まります。それでもエイブは、自分とスパングリー判事を結ぶ糸はないと考えました。
教授のおかしな妄想殺人の結末

ところが女子大生のジルだけは、エイブを少しずつ疑い始めます。判事の悪い噂を聞いた時に一緒にいましたし、判事を殺した毒はエイブが呟いたものと同じでした。問い詰めたジルに、エイブは殺害を白状します。ジルはエイブに自首を勧めますが、エイブは「ジルさえいなければ」と考え始めました。ジル殺害も計画します。そしてジルの稽古の時に、エレベーター事故に見せかけて殺そうと考えました。そのあとは、リタ教授と一緒にヨーロッパに渡って新たな生活を始めるつもりです。しかしエレベーターの前でジルと揉めたエイブは、誤って自分が落ちて死にました。
(ネットより)


*「おかしな」「妄想」とかいうから
コミカルなものだと思っていたら、本当に殺人を犯しちゃうんだ。

だけどそれも「一応」正義のため、
不幸な女性を救うため、
悪徳判事だから抹殺していい・・・
という「大儀」を掲げての犯行。

だけどそれってとても危うい。
何でも自分の思う「正義」のために悪事を働いても構わない、という独善的な
理屈になってしまう。だが勿論そんな理屈がまかり通るはずはない。

しかし、その犯行計画が閃くまでは生きながら死んでるみたいな毎日を送っていた
教授が、急に生き生きしだすのは皮肉で面白い。
考えてないで実行する、そう思い定めてからというものは力溢れて
周囲の人間もいぶかしく思う。
しかし、女教師の方は彼が殺しをやってようが関係ないっていう。
ジルは、聡く教授を怪しみ、事実を掴んでしまう。
ジルには恋人がいたのに教授に引かれ、どっちつかずになり結局は
相応しい恋人の方と一旦は別れるのだが・・・。そういうジルには
共感も感情移入もできない。
エマ・ストーン自体があまり好きになれない女優さんなので尚更だ。
ホアキン・フェニックスも演技力のあるいい俳優さんになったようだが
私にとっては魅力的ではない。
本当にリバー・フェニックスと兄弟だったのかとさえ思えてしまう。



ジルに警察へ行け、と当然のことを強く言われて、今度はジルを殺そうとする教授。
そうなるともう、ただの利己的な犯罪で、何の正義も大儀もない。
結果、自分がジルに送った懐中電灯がもとで自分自身が死んでしまうという
自業自得な終わりは納得。
意外とマトモなラストだった。ウッデイ・アレンにしてはね。

ウデイ・アレンの映画はアイロニーに溢れている。
「ミッドナイトインパリ」でも「カイロの紫のバラ」でも、
ファンタジーの夢のような世界に浸っていたら、突然頬をはたかれて
何してるんだ、さっさと夢から覚めるんだ、これは映画なんだよ、
現実に戻りなさい、って言われるような
作品が多いように思う。
この映画も夢のような世界ではないにしても、正義のための犯罪、
なんてちょっと興味を惹かれるのだが、そんなきれいごと言ってたって結局
自分が可愛いという利己的な結末になる、ってピシャリと釘を刺されたように思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)