ナイトクローラー

20150822203917.jpg

原題:Nightcrawler
2014/アメリカ 上映時間118分
監督・脚本:ダン・ギルロイ
製作:ジェニファー・フォックス、トニー・ギルロイ、ミシェル・リトバク、ジェイク・ギレンホール、デビッド・ランカスター
製作総指揮:ゲイリー・マイケル・ウォルターズ、ベッツィー・ダンバリー
撮影:ロバート・エルスウィット
美術:ケビン・カバナー
衣装:エイミー・ウェストコット
編集:ジョン・ギルロイ
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
出演:ドジェイク・ギレンホール、レネ・ルッソ、リズ・アーメッド、ビル・パクストン
パンフレット:★★★★(700円/インタビュー&コラムが充実していて、買って損はなし!)
(あらすじ)
人脈も学歴もないために、仕事にありつけないルイス(ジェイク・ギレンホール)。たまたま事故現場に出くわした彼は、そこで衝撃的な映像を撮ってはマスコミに売るナイトクローラーと呼ばれるパパラッチの姿を目にする。ルイスもビデオカメラを手に入れ、警察無線を傍受しては、事件現場、事故現場に駆け付ける。その後、過激さを誇る彼の映像は、高値でテレビ局に買い取られるように。やがて局の要望はエスカレートし、それに応えようとルイスもとんでもない行動を取る。(以上、シネマトゥデイより)


(感想)
とんでもなく後味悪い映画だった。
ハラハラさせられるところもあり、どうなっていくのかという興味は引くが、
どう決着させるのか?という想像の最悪の形で終わった。

助手を使って危ない仕事をしていくあたり、助手の運命が
恐ろしいものになるのではと思ったら、まさにその通りで
主人公ルイスは、自分の成功のためならどんなものでも利用する。
その考えはどのような状況になろうが変わらない。

そもそも初めから「クズ」ぶりが披露される。
どこだかのフェンスを深夜、ゴッゾリ盗んで売り飛ばしたり、
高級自転車を盗んで、カメラを手に入れたり、とひとつとして
真っ当なところがない。

彼から特ダネ映像を買い取る側のTV局もクズだが、全ては「視聴率」が
とれるから。見る人が多くいるってことだ。そういう意味では
ルイスのようなパパラッチを生み出しているのは我々視聴者、ということになる。
そういう世の中を刺激的に風刺しているのだろうか。
一人の男の生きざまとしてはあまりにもいかがわしく、嫌悪感を抱いてしまうが。

ついには助手を犠牲にしてスクープ映像を撮る。そして
彼は成功者となるのだが、私としては彼に天罰が下ることを望む。

例えば彼自身がスクープされるというような「皮肉」な結末になってほしかったが
映画はそうではなかった。


現実はあんなものなのかもしれないが、
見ていて気分が悪くなった。


ジェイク・ギレンホールが怪演で、あのデカ目が狂気じみていて
気持ち悪かった。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)