駅馬車

録画してあったのをやっと見る。本当にこの頃集中力がなくなってきて困る。
HDDにまだ一杯入っている。早く見ないといけないのに(いけなくはないが)
「甘い生活」「大いなる西部」「ヘッドライト」「いとこ同士」「ロビンフッドの冒険」
などなどだ・・・。

que-14135802109.jpg

8378e76ba57d42ccd0f1fa9f64a5756c.jpg




映画「駅馬車」のネタバレあらすじ結末


駅馬車

駅馬車の紹介:1939年アメリカ映画。巨匠ジョン・フォードの代表作のひとつ。
当時衰退していた西部劇をこの一本だけで復興させた傑作。
オーソン・ウェルズはこの映画を何度も見て研究し、処女作「市民ケーン」を作ったという。クライマックスの襲撃シーンは圧巻。
監督:ジョン・フォード・出演:リンゴ・キッド(ジョン・ウェイン)、ブーン医師(トーマス・ミッチェル)ほか


駅馬車のネタバレあらすじ結末

映画「駅馬車」のあらすじをまとめたネタバレ記事を紹介します。結末・ラストまでネタバレ解説していますので、これ以降の「駅馬車」のネタバレはご自身の判断でご覧ください。



駅馬車のネタバレあらすじ:起

1880年、ニューメキシコ州ローズバーグに向かうひとつの駅馬車に様々な人が乗り込みます。
婦人連中に街を追い出された娼婦のダラス、
酒を飲むためなら何でもやる医者ブーン、
妊娠中の若妻ルーシー、
ウィスキーのセールスマンのピーコック、
さらに賭博師ハットフィールド。彼らに御者のバック、ウィルコック保安官を加えた計7人。


駅馬車のネタバレあらすじ:承

途中で銀行家のゲートウッドが乗り込みますが、彼は金を横領し、そのまま高飛びするつもりです。
そして最後にもう一人、馬が足を折ったため立ち往生していたリンゴ。
父と兄弟がプラマー兄弟に殺されたことを知り、その復讐をするために脱獄して、兄弟のいる街に向かう途中でした。
保安官は彼に好意を持っていて、返り討ちになるのを防ぐためにもリンゴを拘束状態に置きます。
馬車は最初の中継地アパッチウェルズに到着。名高いジェロニモがアパッチ族とともに馬車を襲う可能性があり、保安官と御者は乗客の多数決でこのままローズバーグに向かうかどうか判断しようとします。全員街へたどり着きたい事情があったので、このまま前進することに決定。


駅馬車のネタバレあらすじ:転

さらに続く道中で、ハットフィールドは身重のルーシーへの献身を示し、リンゴは皆に冷たい態度を取られているダラスに同情、そしてアル中のブーンはピーコックから酒瓶をせびって飲み続けます。次の中継地ドライフォークでは、軍人の夫が負傷したと聞かれたルーシーがショックで倒れ、産気づきます。酒でボロボロだったブーンも医者らしい態度に戻り、何とかルーシーから赤ん坊を取り上げます。女の子でした。騒動のあと、リンゴは同情を寄せていたダラスへ恋情をつのらせ、結婚して一緒に住もうといいますが、ダラスはハッキリした返事を与えません。
駅馬車の結末

アパッチの狼煙を見た一同は回り道をして馬車を進ませますが、やがてアパッチは駅馬車を襲撃してきます。リンゴを中心に乗客たちは必死の応戦。ピーコックとバックが負傷、ハットフィールドが死亡しますが、騎兵隊が到着したことで何とか他の乗客は助かります。行き着いたローズバーグで、結局ゲートウッドは逮捕。ルーシーも夫が軽症だった事を知り安堵します。リンゴはプラマー兄弟と決闘。彼らを倒します。保安官はわざと見知らぬふりをし、リンゴを解放。リンゴは一緒に暮らすことを決意したダラスと2人、馬車に乗って去ってゆきます。
(以上ネットより)


(感想)

昔、数回見たけれど、細かいところは忘れていた。
何でもどんどん忘れるなア。淀川さんなんか、昔の映画でもよく覚えてらっしゃったけどなあ。
まあ、比較する方があたおか(頭おかしい)


クライマックスのアパッチ襲撃のシーンばかり印象に残っていたが、これは
駅馬車に乗り合わせた人々の人間模様。

皆、それぞれの事情を抱えているが、あの賭博師は妊娠中の若妻に対し、初めから
思慕を寄せているような描写があったが、何故だったのだろう。以前に何か
いきさつがあったのか?それともただの一目ぼれなのか?
そのあたりはわからなかった。

酒飲みのドク(ブーン)もとても面白いキャラクター。こういう人物が
一人いるとユーモラスでいい。
「リバティバランスを撃った男」の新聞記者のような役どころだ。

お酒のセールスマンのキャラクターも良かった。真面目で気が弱く、ブーンに
押しまくられている感じだったが、妊娠していた若妻が産気づいて
ブーンが無事赤子を取り上げたものの、アパッチの襲撃が懸念される
切迫した状況になり、みな、すぐ出立すべき、との声が上がる中、
私は子供が五人いる、その立場から今すぐでなく明日にすべき、と
産後の女性の体を思いやって、毅然と言い放つシーンは感動的ですらあった。


セリフがよくできている。
例えば飲み代がたまっているブーンに対して酒場の親父が
「口数が金なら上客だ」と言う。とても洒落ていてセンスがいい。


賭博師の持っていたグラスに「グリーンフィールド家」の紋章があることに
妊婦さんが気づき、指摘すると賭博師は「賭けで手に入れた」などという。

しかし最後の方で撃たれた賭博師が「グリーンフィールド判事に伝言を・・・」
「不肖の息子が・・・」とだけ言って絶命する。
もう、それだけで彼の背景がくみ取れる。
最小限のセリフで目に見えていることだけでなく、その背後にまで
想像が及ぶように作りこまれていて感心した。

ジョン・ウエインは途中から登場するが、画面に現れたとたん、
パアッと華やぐ。若くてカッコいい。

最後も保安官の粋な計らいがあり、気分良く見終えることができる娯楽作である。


今、見れば先住民族の描き方はどうなのかとか
色々あるだろうが、ただ、一つの映画としてみた場合、
やはり傑作であることに間違いない。
ここはひとつ、昔のことゆえ、大目に見て映画そのものを楽しみたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)