FC2ブログ

最高殊勲夫人

e0178641_21463559.jpg

shukun_index.jpg
最高殊勲夫人

■公開:1959年
■制作:大映東京
■監督:増村保造
■原作:源氏鶏太
■脚本:白坂依志夫
■撮影:村井博
■美術:下河原友雄
■音楽:塚原哲夫
■主演:若尾文子
■寸評:「勘違いしていない」ときの若尾文子はカワイイ。

 野々宮杏子・若尾文子の姉二人、桃子・丹阿弥谷津子と梨子・近藤美恵子はともに
三原商事の社長秘書というポジションからそれぞれ社長の三原一郎・船越英二、重役の三原二郎・北原義郎に嫁いでいる。
桃子は三原家の三男、三郎・川口浩と杏子を結婚させよう画策するが、
当の杏子と三郎は専制的な桃子のやり方(と性格)に反発してそれぞれ恋人を作ろうとする。

 当人同士は実は嫌いでもなくどっちかというとお互いに好きなのだが、
他人様の思惑通りになるのは面白くない、そこで繰り広げられるドタバタが見どころ。
川口浩の十八番である「ちょっとスネたお坊ちゃま」キャラが日本映画には珍しく、見てる客が赤面しないラブコメディの世界でイキイキとはじける。
船越英二のちょっと浮気性、だけど上品でライトなスケベの性格も好き、二枚目の大の男があたふたする姿は文句なく面白い。
(以上ネットより)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(感想)
昭和34年の作品ということで現代と比べると隔世の感がある。
時代背景は「専業主婦」「出世」「恋愛結婚」などのキーワードで表せる。
これから所得倍増となっていく頃だろうが、世の中、戦後だけれど勢いがある。
人々はイキイキし、結婚も社会的信用につながるためサラリーマンの必須アイテムみたいだし、
女性にとっても玉の輿、専業主婦になることが当然といった価値観。
会社へ入るのも「結婚相手を見つけるため」と、ハッキリ言いきって
ためらいもない。清々しい。
軽快なテンポで浮気の顛末が描かれ、姉の画策で、一人のサラリーマンが
左遷されかけるという理不尽が行われそうになりハラハラさせられたり、と
コメディとして気楽に楽しめる。

現代から見ると羨ましいような、いい時代だったなあーと
つくづく思う。
映画産業にとってもいい時代だったのだ。
テレビが登場するのが33年、その後
映画界は斜陽へと傾いていく。
そうなる前、この作品のような映画が作られていたのだ。
いい時代だ。

川口浩もお坊ちゃん育ちをいい方向で生かした役柄で
育ちがいいからこその魅力があるし、若尾文子もまだ、妖艶な役柄をやる前で
普通に気立てのいい現代女性を演じていてとても爽やか。
特に父親に対する言葉遣いが現代と違って丁寧であるが
それがごく自然なのが印象的だった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)