ゲットアウト

監督:ジョーダン・ピール
出演:ダニエル・カルーヤ、アリソン・ウィリアムズ
日本公開:2017年



アメリカで制作費450万ドルにも関わらず、1億7万ドルの収益を叩き出し、2017年で最も稼いだ映画となった「ゲット・アウト」が日本でもようやく公開になった。インターネット上ではかなり前から話題になっており、個人的にも期待が高かったので、早速鑑賞してきた。監督はアメリカではコメディアンとして活躍している、ジョーダン・ピエール。本作がなんとデビュー作である。いわゆる人種問題に踏み込んだホラー映画という事で、映画館でも出来の良い予告編がかなりの量流れていた。好みの作風だという予感もあり期待度MAXで鑑賞した訳だが、さてどう感じたか。今回はネタバレありなので、ご注意を。


あらすじ

アフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、白人の恋人ローズの実家へ招待される。彼女の家族から過剰なくらい温かい歓迎を受けたクリスだったが、ローズの実家に黒人の使用人がいることなど、妙な違和感をあちこちで感じていた。その翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに出席するが、そこに訪れる人々も過剰な程にクリスに興味を示す。パーティの出席者に黒人を見つけたクリスは安堵のあまりに話しかけるが、何故か素っ気ない。だが写真を撮ろうとフラッシュをたいた途端に、彼は「出て行け!」と狂乱する。ここから、クリスの運命は暗転していく。
(ネットより)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(感想)
これはネタバレしないように書かないと。
何も知らずに見るのが一番。




この映画は数々の伏線が張り巡らされていて、しかも隠された差別というのか、
暗喩があり、それらに気づく面白さもある。
恐怖、というよりは何か得体のしれない不気味な、不穏な空気が漂っていて
謎が謎を呼び、最後まで引っ張られる。


少し疑問な点もあった。

しかしそれはネタバレなしには書けないので
後日書いてみたいと思う。





この映画、ラストは別のものがあったようだ。
しかし、私はこのラストで良かったと思う。


クリスの友人の役も、ちゃんと生かされていて良かったと思う。





あと、楳図かずおの「洗礼」を思い出したわ。(これいうとネタバレになるか・・・)








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)