ボーダーライン

原題:Sicario
2015/アメリカ 上映時間121分
監督:ドゥニ・ビルヌーブ
製作:ベイジル・イバニク、エドワード・L・マクドネル、モリー・スミス、サッド・ラッキンビル、トレント・ラッキンビル
製作総指揮:ジョン・H・スターク、エリカ・リー、エレン・H・シュワルツ
脚本:テイラー・シェリダン
撮影:ロジャー・ディーキンス
美術:パトリス・バーメット
衣装:レネー・エイプリル
編集:ジョー・ウォーカー
音楽:ヨハン・ヨハンソン
音楽監修:ジョナサン・ワトキンス
出演:エミリー・ブラント、ベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ブローリン、ビクター・ガーバー、ジョン・バーンサル、ダニエル・カルーヤ、ジェフリー・ドノバン、マキシミリアーノ・ヘルナンデス
パンフレット:★★★(720円/越智道雄先生のコラムが良い感じ)
(あらすじ)
巨大化するメキシコの麻薬カルテルを殲滅するため、米国防総省の特別部隊にリクルートされたエリートFBI捜査官ケイト(エミリー・ブラント)は、謎のコロンビア人とともにアメリカとメキシコの国境付近を拠点とする麻薬組織撲滅の極秘作戦に参加する。しかし、仲間の動きさえも把握できない常軌を逸した作戦内容や、人の命が簡単に失われていく現場に直面し、ケイトの中で善と悪の境界が揺らいでいく。(以上、映画.comより)
t02200311_0340048013620849477.jpg

sicario.jpg

045b7c164a81c5fd56dd91e02f147febs.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(感想)
ネタバレありの感想




CSにて




ネタバレありの感想



メキシコ麻薬カルテル、これはチラッとネットで見かけただけでも相当ヤバイ。
殺し方、遺体のさらし方、など地獄のような有様で、メキシコって怖いという
認識があった。麻薬がらみではボリビアやコロンビアもそうなのだが・・・。
この映画もまさに「怖さ」がずっと続くもので、ハラハラし通しだった。

この映画の面白いところは、麻薬取締をCIAが主導、その捕り物にFBIから主人公ケイトが抜擢され、
女性ながら活躍する物語・・・と思いきや、見終わってみるとガラッと印象が違うところ。
ある意味、「どんでん返し」があるのだ。

ケイトの能力が高くて抜擢されたと思っていたら、CIA単独では動けないので
FBIを同行させる、その中で扱いやすそうなケイトが選ばれたことが後でわかる。
だからか、見ていても彼女がちょっと邪魔、というか
作戦決行において彼女の存在はどうなのか、と思わせられる。
「これだから女は・・・」なんて言葉が頭をよぎったりなんかして。


結局終わってみれば主役はむしろベニチオ・デル・トロではないかと
思うのだ。
彼は麻薬カルテルに、妻も、娘も残虐に殺された過去がある。
つまりこれは彼の「復讐譚」と言えるのだ。
「ボーダーライン」という邦題では「国境」「正義と悪」の「ボーダー」と
思わせるし、実際そういう意味もある。

けれど原題は「シカリオ」つまり「暗殺者」という意味だそうで、
実はそのタイトルが映画の本質を表している。


ケイトにとっての正義、法にのっとって仕事をするという、まあ
一般的には当たり前のことを言ってるだけなのだが、それも
こういう組織相手に戦う場合はそんな杓子定規なことを言ってて
大丈夫なのか?と思えてもくる。

そんな修羅場のような現場で、いちいち「法律が・・・」と
言ってたらイラッとするだろうな。
ただ、ケイトが間違ってるわけではないと思う。けれど
そういう常識が通用しない世界があるってことなのだろう。

ということで意外と一筋縄でいかず、面白かった。
で、ベニチオ・デル・トロ、やっぱりイイなあーーッと。
「ユージュアルサスペクツ」で初めて見たとき、印象に残って
「トラフィック」「21グラム」「チェ」などどんどんいい映画にも出て
アカデミー賞も受賞。
この映画でもいい味出していた。

ただ最後、組織の黒幕(実はナンバースリーだったけど)の隠れ家に
乗り込むのにたった一人で行くのは違和感があったが。
まあ「96時間」のお父さん的な?単身乗り込んでもスーパーヒーロー並みの
強さ発揮するって感じ。


あ、それからケイトの同僚役のダニエル・カルーヤ、「ゲットアウト」に
出てた俳優だった。昨日の今日で、よく似た人だなあーと思ったら
やっぱり同一人物だった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)