FC2ブログ

続・激突!カージャック

d0151584_5493981.jpg

続・激突! カージャック!

The Sugarland Express

1974年、アメリカ (109分)

         

 監督:スティーヴン・スピルバーグ

 製作総指揮:ウィリアム・S・ギルモア,Jr

 製作:リチャード・D・ザナック、デヴィッド・ブラウン

 脚本:ハル・バーウッド&マシュー・ロビンズ

 (原案:スティーヴン・スピルバーグ、ハル・バーウッド&マシュー・ロビンズ)

 撮影監督 : ヴィルモス・ジグモンド,A.S.C.

 プロダクション・デザイナー:ジョセフ・アルヴス,Jr

 編集:エドワード・M・エイブロムス、ヴァーナ・フィールズ

 音楽:ジョン・ウィリアムズ

 出演:ゴールディー・ホーン  ウィリアム・アサートン

    ベン・ジョンソン  マイケル・サックス

  

* ストーリー 

 テキサス州立刑務所に服役中のクロヴィスに面会にやってきた妻ルー。彼女は、裁判所の命令で自分たちの子供が里親に出された事を訴え、反対する夫を説得して脱獄に手を貸す。二人はパトロール中の巡査を人質にしてパトカーをカージャック。息子が保護されているシュガーランドを目指すが、彼らの道行きはマスコミ報道によって住民や警察を巻き込む大騒動へと発展してゆく。
(ネットより)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(感想)
実質こちらの作品がスピルバーグのデビュー作だそうだ。
「激突!」とは何の関係もない。
激突のヒットを受けて、このようなタイトルにしたのだろうが、B級感が
してしまって、あまり積極的に見る気にはならないタイトルだ・・・。
タイトルって大事だ・・・。

全然関係ないけど、ウルトラセブンを今見ているが「毒のある花」「栄光は誰の為に」「散歩する惑星」
などのタイトルがそのつどといているが、どれもカッコよくて「見たい!」と思わせる。
タイトルって大事だ。


さてこちらの作品は、実際にあった事件をもとに作られたという。

ゴルデイ・ホーン演じるルーはとにかく短絡的過ぎて、夫はあと四か月で出所できるにもかかわらず
今すぐ、どうしても、絶対に!という「感情」のおもむくままに「脱獄」(っていうか厚生施設みたいなところなので
獄ではないかもしれないが)させてしまう。
それもこれも我が子を取り返すためなのだが、そんなら法を犯して子供のところまで行ったら
余計、取り返せないだろうに・・・と思うのだが、ルーは思い込んだら一直線、
猪突猛進、聞く耳持たない。夫は彼女の言いなり。

警官の拳銃を奪い、パトカー強奪し警官に運転させ目的地まで逃走するのだが、
そのパトカーの後ろを、延々他のパトカーが列をなしてついていくシーンなどは
ユーモラスだ。
それに道中、通過する町では何故か彼らを歓迎するパレードが行われ、有名人扱いで
人々の心理が奇妙に面白く描かれている。

前半は、やってることは重大な犯罪なのにコミカルで軽妙なタッチ、
楽しく見ていられる。
しかし、後半、ちょっと「ボニーとクライド」みたいなシリアスな不穏な雰囲気になってくる。
さすがにパトカー奪って警官人質にした犯人を、そのまま温情で
配慮してやるわけにもいかない。
 

 
結局、一番気の毒だったのはあとたった四か月待てば晴れて出所できるはずだったのに
妻に強引に誘われ最後には銃弾に倒れてしまう夫だ。
なんだか可哀想。
そして最後、テロップで結局、ルーは子供を取り返すことができるのだが、
こんな母親で大丈夫なんだろうか…里親の方が良かったのでは・・・なんて
ふと思ったりもした。


このルーという女は全く理論や理屈では動かず、「感情」だけで行動するようだ。
結果がどうなるかとか考えてなさそう。
いわゆる「クレイジー」
でも、それをゴルデイ・ホーンが演じているから、憎めない。
演じる人によっては相当ムカツク人物ではある。
 



* カンヌ国際映画祭

 ◎受賞/脚本賞    ◎ノミネート/パルム・ドール
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)