ドラマ版  関ケ原

yjimage.jpg




ジャンル テレビドラマ(時代劇)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
製作総指揮 大山勝美
演出 高橋一郎・鴨下信一 他
原作 司馬遼太郎
脚本 早坂暁
出演者 森繁久彌
加藤剛
三船敏郎
三國連太郎
宇野重吉
杉村春子
三田佳子
松坂慶子
高橋幸治
三浦友和
国広富之
芦田伸介
丹波哲郎
藤岡弘
竹脇無我
栗原小巻
京塚昌子
辰巳柳太郎
沢村貞子
千秋実
大友柳太朗
ナレーター 石坂浩二
オープニング 山本直純
初回放送版
放送時間 金曜21:05 - 22:55
土曜21:05 - 22:55
日曜21:05 - 23:55(110分+110分+170分)
放送期間 1981年1月2日‐1月4日(全3回)
分割放送版
放送時間 日曜20:00 - 20:55(55分)
放送期間 1981年10月11日 - 同年11月29日(7回)
sekigahara03-298x300.png

sekigahara06-284x300.png

sekigahara07-262x300.png

sekigahara04-271x300.png

sekigahara05-272x300.png

概要

石田三成と徳川家康を主人公に、豊臣秀吉の死から天下分け目の関ヶ原の合戦に至るまでの過程を壮大なスケールで描く。

このドラマの最大の特徴は、それまで「徳川家康に無謀な戦いを挑んだ愚か者」もしくは「太閤亡き後の実権を握ろうとした奸臣」として描かれがちだった石田三成を、司馬の原作に即した「豊臣家への忠義に熱い正義の人」として主人公に据えた点にある。このドラマの放映前にもNHK大河ドラマ『黄金の日日』などのように三成を悪役として描かないドラマはあったが、それらは全て三成が脇役として描かれるのみであり、本格的に三成を主人公に据えて描いたのはこのドラマがはじめてである。ただし、一方的に美化するのではなく、融通のきかない性格から敵を増やし破滅していく過程を客観的に描く視点は、原作に忠実である。逆に、徳川家康に関しては司馬の原作と異なり、原作のように「陰謀家の狸オヤジ」という描き方はせず[1]、関ヶ原の戦いの後に豊臣家の忠臣としての三成に敬意を表して涙するといった、懐の大きい人物として描いている。
物語

物語は、天正遣欧少年使節のメンバーだった原マルチノが、ローマ教皇庁に関ヶ原の合戦の顛末を書簡で知らせるという形で語られる。
第1夜「夢のまた夢」

1598年8月、天下人・太閤豊臣秀吉が世を去った。秀吉の遺志を継ごうとする石田三成は、天下取りの野望に燃える内大臣徳川家康と対立を深めていく。やがて朝鮮の役に従軍していた諸将たちが帰国、武断派の筆頭であった福島正則、加藤清正らと三成と親しい小西行長らの反目も始まる。豊臣政権の内部分裂をよそに家康が勢力を伸ばしていく中、家康に次ぐ実力者である前田利家が死去。それを待っていたかのように福島・加藤らが三成の暗殺を計画。生命の危険を感じた三成は、小西や宇喜多秀家らの反対を押し切り、家康邸に逃げ込む。

第2夜「さらば友よ」

三成は家康の調停により危機を脱したが、奉行職を解かれ佐和山城に隠退させられてしまう。親豊臣派の大名たちを排斥して、ますます勢力を伸ばしていく家康に対し、三成と結んだ会津の上杉景勝がその専横を責めて戦の準備を始めた。激怒した家康は諸将を集めて上杉征伐を宣言し、大軍を率いて東国に下った。伏見を発つ夜、三成の挙兵を確信する家康は、伏見城の留守居を託した老臣・鳥居彦右衛門と別れの杯を酌み交わす。一方、三成の親友・大谷刑部は佐和山城に三成を訪れたところで三成から打倒家康の計画を告げられる。刑部は命を捨てる覚悟で三成の挙兵に加わる。細川忠興夫人ガラシャは人質としての大坂入城を拒否し屋敷に火を放って命を絶つ。この夜、日本は二つに割れた。

第3夜「男たちの祭り」

挙兵した三成の檄に応え、毛利輝元・島津義弘・小早川秀秋らの諸将が大坂に参集した。鳥居彦右衛門の守る伏見城を落とした西軍と東国から転進して西に向かう東軍が関ヶ原で相まみえた。1600年9月15日早朝、合戦の火蓋が切られる。三成・宇喜多・大谷・小西らの奮闘で西軍優勢の内に戦いは進んだが、毛利・小早川・島津らの諸隊が動かない。正午、徳川隊から鉄砲を撃ちかけられた小早川隊がついに動いた。しかし松尾山の陣営から雪崩のように駆け下った小早川隊が殺到したのは、山麓に陣を敷く味方の大谷隊だった。

スタッフ

原作 - 司馬遼太郎
脚本 - 早坂暁
演出 - 高橋一郎・鴨下信一
プロデューサー - 大山勝美
音楽 - 山本直純
テーマ演奏 - ニニ・ロッソ
演奏 - オズムジカ
古楽器演奏 - コレギウム・ミカエルム
殺陣 - 國井正廣
美術監修 - 高津年晴
能 - 観世栄夫、銕仙会
振付 - 杉昌郎、花柳糸之
ロケ協力 - 原町市役所商工観光課、相馬野馬追執行委員会
制作著作 - TBS

出演
東軍

徳川家康(東軍盟主、五大老筆頭、武蔵国江戸城主、江戸内大臣) - 森繁久彌
徳川秀忠(家康三男、前中納言、中山道別働隊総大将) - 中島久之
本多正信(家康の謀臣、中山道別働隊軍監、佐渡守、通称・弥八郎) - 三國連太郎
鳥居元忠(家康の重臣、伏見城の城将、通称・彦右衛門) - 芦田伸介
本多忠勝(家康の重臣、徳川四天王、通称・平八郎) - 高松英郎
井伊直政(家康の重臣、徳川四天王、幼名・万千代) - 井上孝雄
伊奈図書頭(家康の旗本、上杉家への詰問使、図書頭) - 横森久
佐野忠成(家康の旗本、大坂留守居役) - 伊豆肇
村越茂助(家康の旗本、清洲城への使者) - 藤木悠
源蔵(本多正信の配下、島左近を襲撃) - 浜田晃
福島正則(反三成派大名、豊臣七将、尾張国清洲城主、幼名・市松) - 丹波哲郎
加藤清正(反三成派大名、豊臣七将、肥後国熊本城主、幼名・虎之助) - 藤岡弘
浅野幸長(反三成派大名、豊臣七将、甲斐国甲府城主) - 竹内のぶし
黒田長政(反三成派大名、豊臣七将、豊前国中津城主) - 菅野忠彦
加藤嘉明(反三成派大名、豊臣七将、伊予国松前城主) - 石橋雅史
池田輝政(反三成派大名、豊臣七将、三河国吉田城主) - 神太郎
細川忠興(反三成派大名、豊臣七将、丹後国宮津城主) - 竹脇無我
堀尾忠氏(遠江国浜松城主、信濃守) - 角野卓造
山内一豊(遠江国掛川城主、対馬守) - 千秋実
田中吉政(三河国岡崎城主、兵部大輔) - 溝口舜亮
真田信幸(真田昌幸嫡男、伊豆守、上野国沼田城主)- 西田健
前田利長(前田利家嫡男、織田信長女婿、前中納言、利家死後、五大老就任)- 長谷川哲夫
横山山城(前田家家老、家康への釈明使、山城守) - 横沢祐一
中川光重(前田家家老) - 丸山博一
小笠原少斎(細川家家老、大坂留守居役) - 中村竜三郎

西軍

石田三成(五奉行、事実上の西軍盟主、近江国佐和山城主、治部少輔、幼名・佐吉) - 加藤剛(子役・中田勇)
石田隼人正(三成の嫡男) - 中野健
島左近(石田家重臣) - 三船敏郎
舞兵庫(石田家重臣) - 草薙幸二郎
八十島道与(石田家家臣) - 藤城裕士

毛利輝元(五大老、名目上の西軍総帥、毛利元就の孫、中国120万石の太守、安芸中納言) - 金田龍之介
宇喜多秀家(五大老、軍事面の西軍総帥、備前国岡山城主、備前中納言) - 三浦友和
上杉景勝(五大老、上杉謙信の養子、若松城主、会津中納言) - 三沢慎吾

大谷吉継(西軍首脳、三成の親友、越前国敦賀城主、刑部少輔) - 高橋幸治
小西行長(西軍首脳、親三成派の大名、肥後国宇土城主) - 川津祐介
安国寺恵瓊(西軍首脳、毛利氏の外交僧) - 神山繁
直江兼続(西軍首脳[在会津]、上杉景勝の重臣で石田三成の親友、山城守) - 細川俊之

小早川秀秋(寝返り組[松尾山]、秀吉の甥、筑前国名島城主、金吾中納言) - 国広富之
平岡石見(寝返り組[松尾山]、小早川家家老) - 久米明
毛利秀元(傍観組[南宮山]、輝元の養子、長府宰相) - 山下勝也
吉川広家(傍観組[南宮山]、毛利氏の重臣、出雲国富田城主) - 勝部演之
島津義弘(傍観組[北国街道]・維新入道・薩摩・大隅・日向の国主) - 大友柳太朗
島津豊久(傍観組[北国街道]・維新入道義弘の甥)- 高田大三
長束正家(五奉行、丹羽長秀の元家臣、近江国水口城主) - 森塚敏
増田長盛(五奉行、大和国郡山城主) - 平田昭彦
真田昌幸(信濃国上田城主、安房守、徳川秀忠の東軍別働隊と交戦) - 玉川伊佐男
真田幸村(昌幸次男、大谷吉継女婿、左衛門佐)- 南条弘二
明石全登(宇喜多家客将)- 城所英夫
丹羽長重(丹羽長秀嫡男、加賀国小松城主、当初は東軍に所属、後に加賀で前田利長軍と交戦)- 矢崎滋
湯浅五助(大谷吉継近侍)- 寄山弘
弥一(島左近の家来)- 常田富士男

女性たち

初芽(三成の愛妾、黒田長政[2]の間者) - 松坂慶子
北政所(秀吉の正室、実名・寧々、高台院) - 杉村春子
淀殿(秀吉の側室、秀頼の生母、浅井長政と市の娘、織田信長の姪、初・江実姉、幼名・茶々) - 三田佳子(子役・佐々木美枝)
芳春院(実名・まつ、前田利家の正室) - 沢村貞子
阿茶の局(家康の側室) - 京塚昌子
細川ガラシャ(本名・玉子、細川忠興の正室で敬虔なキリシタン、明智光秀の娘) - 栗原小巻
お夏(家康の側室) - 古手川祐子
旭姫(駿河御前、家康の継室、秀吉の妹) - 三戸部スエ
大蔵卿(淀殿の乳母、女官)-賀原夏子
出雲の阿国(女歌舞伎の頭領) - 木の実ナナ
孝蔵主(北政所の女官)- 三崎千恵子
清原マリア(実名・糸、細川ガラシャの侍女、清原枝賢の娘) - 賀田裕子
村越茂助の妻 - 沢田雅美
お市の方(淀殿の生母、織田信長実妹) - 山本恵子
老婆(美濃国の百姓) - 浦辺粂子

その他

豊臣秀吉(太閤) - 宇野重吉
豊臣秀頼(秀吉の子、中納言) - 岩瀬浩規
前田利家(五大老次席、加賀国金沢城主、加賀大納言) - 辰巳柳太郎
前田玄以(五奉行筆頭、民部卿法印、徳善院) - 庄司永建
浅野長政(五奉行次席、弾正少弼、甲斐国甲府城主) - 稲葉義男
原マルチノ(天正遣欧少年使節の副使、助祭) - 田中健
伊東マンショ(天正遣欧少年使節の主席正使) - 堀越大史
千々石ミゲル(天正遣欧少年使節の正使) - 阿部一喜
中浦ジュリアン(天正遣欧少年使節の副使) - 菅野孝之
ヴァリニアーノ神父(在坂の司祭) - マイケル・ホーガン
名古屋山三(蒲生家浪人で槍の名手、阿国の情夫)-三浦洋一
国友寿斎(近江国友鉄砲鍛冶の頭領) - 笠智衆
国友寿助(国友の若衆)- 松田章
神谷宗湛(博多の豪商)- 北村和夫
北庵法印(奈良興福寺の医師、島左近の岳父) - 大滝秀治
曲直瀬法印(秀吉の御殿医)- 坂田金太郎
日野屋主人(近江水口宿の旅籠) - 藤原釜足
善説(近江古橋村・三珠院住職) - 下元勉
与次郎大夫(近江古橋村の名主) - 今福将雄

ナレーション - 石坂浩二

評価

東京放送(TBS)の開局30周年を記念して局として全力をあげて制作したドラマであり、放映時の視聴率は最高18.4%を記録した。主演の石田三成に加藤剛、徳川家康役に森繁久彌という絶妙な配役をはじめ、三船敏郎・宇野重吉・辰巳柳太郎・杉村春子・沢村貞子・栗原小巻などといった当時舞台や銀幕の重鎮として知られた俳優を脇役端役に配した超豪華キャストは「奇跡のキャスティング」と呼ばれ話題となった。司馬の壮大な原作を損なうことなく再現してみせたドラマである。また、ノウハウの蓄積が問われがちな時代劇であるにも関わらず、映画会社への外注はせずに自社制作で社員ディレクターが演出、「ドラマのTBS」の面目を賭けた意気込みも壮とされた。

それまで「悪役」とされがちだった石田三成を「忠臣」として描いたドラマである。石田三成を演じた加藤剛が著書「こんな美しい夜明け」(岩波書店)の中で、このドラマと石田三成への愛着を語っている。

しかし、このように総合的評価は高い一方で、以下の点に対する批判もある。

原作では重要な役どころだった黒田如水や藤堂高虎が登場しないこと。
合戦シーンが今ひとつ迫力が感じられないこと。ただし本作の関ヶ原の合戦でのエキストラは3500人を動員しており、これは『葵 徳川三代』の関ヶ原合戦のエキストラ500人を大きく上回っている。
(以上ウィキより)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
映画は今年公開されたが、ドラマにもなっていたと知り、ぜひ見たいと思っていたら
折よくCSで放送された。

とにかくキャストが豪華なことに驚かされる。
加藤剛、森繫久彌、三國連太郎、三船敏郎、宇野重吉、高橋幸治、丹波哲郎、藤岡弘、
竹脇無我、大友柳太郎、芦田伸介、三田佳子、杉村春子、栗原小巻、京塚昌子・・・

などなどざっとあげただけでも綺羅星のごとく、豪華な俳優陣だ。
今から見ればこの時、これだけの俳優を集めることができたのは、そしてこれだけの俳優が存在したことは
奇跡的とさえ思えるほどだ。

映画の岡田准一、平岳大も悪くはなかったと思っていたが、こちらを見ると雲泥の差で
情けくなる。

これだけ力の入った作品が映画ではなく、ドラマだったというのも驚愕だ。
三夜連続で6時間、しかし全く長く感じることはなかった。
直江書状、島津の敵中突破などきちんと描かれていた。
山内一豊にしても、戦ではたいして活躍しないのに人のアイデアで
うまく領地を手に入れたり、小早川の優柔不断な性格とか、福島正則の、三成への敵対心とか
色んな人物の思惑が入り乱れ、戦に突き進んでいく様子が面白かった。

森繫の家康、これも良かった。
何を企んでいるかわからない狸おやじぶり、しかし
権謀術数を使い、裏切らせたり情報戦をしかけたりしたものが、
戦が終わってみて、あんなに秀吉に良くしてもらったのにコロッと寝返る人々を見て
最期まで忠義を貫いた三成に対し、あんな忠臣に恵まれるだろうかとふと
漏らすという気持ちの綾、一面だけではない家康の奥深さを
憎々しく、またユーモラスに表現していた。

加藤剛もまた、三成の純粋さ、融通がきかないくらいに正義を貫く姿を
よく表していた。そして何より男前で品がある。

その他、とにかく実力のある俳優が次から次へと出てくるし、それを見るだけでも眼福だ。
今ではもう亡くなった人がほとんどで、その後継と言えるような俳優が今はほぼ
いない、という寂しい現実に唖然とする。


関ケ原は「大戦(おおいくさ)」であるのは間違いないのだが、
実践的な武闘よりも情報や心理による懐柔、謀によってほとんど勝敗が
決していたのだと面白く思った。
あまりに純粋で真っすぐな三成。
その三成に最後までついてきてくれる大谷刑部。
大谷が一旦は協力を拒否して帰りかけて、以前三成だけが自分の口を付けた茶碗から
何の抵抗もなく茶を飲んだことが甦り、引き返すところなど涙なくして見られない。

三成が勝っていたら日本はどうなっていたのだろう。
歴史にイフはないが、それでもそんなことをふと
思ってしまう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)