fc2ブログ

シン・ウルトラマン

1123-l2.jpg

【日本公開】
2022年(日本映画)

【監督】
樋口真嗣

【企画・脚本】
庵野秀明

【製作】
塚越隆行、市川南

【作品概要】
鷺巣詩郎

【キャスト】
斎藤工、長澤まさみ、有岡大貴、早見あかり、田中哲司、西島秀俊、山本耕史、岩松了、長塚圭史、嶋田久作、益岡徹、山崎一、和田聰宏

【作品概要】
1966年にTBS・円谷プロダクションによって制作された特撮テレビドラマ『ウルトラマン』を、
『のぼうの城』(2012)の樋口真嗣と「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズの庵野秀明が共同でリブートした作品。


(感想)
ウルトラマンには正直
さほど思い入れはないのだ。

私はそれよりもその前の「ウルトラQ」が大好きで、
終わってしまってむしろがっかりした覚えがある。

当時は父の見る番組と時間がかぶってしまって、
毎週コンスタントに見ることもできなかったから、尚更
思い入れが強くなったかも・・・。


中でも一番強く心惹かれたのが「悪魔っ子」だった。
「魅せられた」とでもいうのか。
小学生だった私が、何がそこまで魅力だったのかよく
わからないのだが。

その後、再放送が夕方あって、
その時、全ての作品を見ることができた。

面白かったなあ~。
ヒーローが出てきてやっつける、という
解決法がないので、その都度、どうやって
ドラマが終わっていったのか、今にして思えば
不思議だけど。
その超現実的な感じがとても良かった。

ウルトラマンは、当時は圧倒的に男子に人気があり、
怪獣カードなるものを学校に持ってきて自慢している子が
多数いたのを覚えている。

「ウルトラセブン」はよく見たなあ。
主題歌がカッコよくてそれが気に入ったので
観たのだった。

ちなみに「怪奇大作戦」これも良かったなあ。

「悪魔くん」も好きで、これはリアルタイムで毎回見た。
「大海魔」「首人形」なんて良かったなあ。
特に首人形は、怖いけどとても好きだった。

次は「シン・仮面ライダー」が公開されるようだが、
シン・悪魔くんはないだろう。



シン・ウルトラマン
思い入れがないだけに、普通に面白かった。
ただ、「シン・ゴジラ」とくらべてしまうと
どうしても少しは落ちる。
比べるようなものではないけど、
作品としてはシン・ゴジラの方が上かなあ・・・。

まあ、それでもウルトラマンは
「カッコいい」し、メフィラスの山本耕史も良かった。

科特隊(映画は違うが)の
扱いがちょっと不満かな。
お役人すぎて、TVのイメージと違ってて
残念だった。
あと、長澤まさみのキャラクターは
あまり好きではなかった。

でも、全体的には及第点は取れてるんじゃないだろうか。





スポンサーサイト