オリンピック

オリンピックが始まったので、映画を見る暇がなくなっている。

ここへきて日本人選手のメダルが相次いでいる。
中でも引きつけられたのはハーフパイプだ。
平野選手、まだ19歳だというのにあの落ち着き、
冷静さ、それでいて高難度技に挑む情熱あるガッツ。
凄い。
ショーン・ホワイトも凄かった。最後の最後に決めた。
最後に滑りたいから予選で何が何でも一位の得点を獲得したかったらしい。
二人とも清々しかった。
しかし今日になってあれは誤審の可能性があると。
ホワイトの方に若干のミスが(ブーツグラブ)あったらしいし、
録画を見ればなるほど、ボードでなくブーツを掴んでいるように見える。
これを正当にジャッジしていたらどうなっただろう。
これの減点がどれくらいになるのか、門外漢の私には予想できないが、
選手はあれだけ命がけのパフォーマンスをしているのだから
ジャッジも命がけで採点してほしい。

平野選手はストイックにスノーボードに人生の総てを捧げている。
頭が下がる、まだ19なんだぜ・・・。
ショーンも平野も大怪我を乗り越えて大技に挑んだ。
二人とも金メダルの価値がある。


DV9xAx1UMAA3a1a.jpg
今回、選手の皆さんから「感謝」、「自分だけのメダルではない、」などと
応援してくれた人、協力してくれた人、チームメイトへの感謝の言葉が
多く聞かれた。
皆、謙虚で人間性が素晴らしい。
いい若者たちばかり、一流の選手は人間性も一流だ。


DO9zV6wVAAAZhJ3.jpg
町田樹氏も言葉の魔術師のような人。
今回少しフィギュアを解説していたが、相変わらずクレバーな人だと思う。
そして率直だ。
(試合時間が午前ということについて)
「元選手の立場から言わせてもらえば、受け入れがたい」
(団体戦について)
「団体戦に出た選手には大きな負荷がかかる。
疲労を残したまま個人戦に突入することになる。
団体戦に出た人と出なかった人とで差が出てしまう。
イーブンではない。
そこで団体戦と個人戦を逆の順番でやればいいと思う。
そうすれば団体戦に出ない人と出た人との差がなくなる。」
宮原選手の回転不足について
「今回、全ての選手についてスローで見てみましたが
何ら遜色はありません」
(回転不足ではなかったとも回転不足だった、とも断定はしていない。
絶妙な言い回しでこれから個人戦を戦う宮原選手にエールを送った。

まっちー、あなたの言葉は人を引き込む魅力がある。
もっと解説として登場してほしい。

DNSnWByUEAEaR9P.jpg
アイスダンスかペアか?
この二人なら世界中が魅了されるだろう。



今回、ペアで優勝したのはサブチェンコ、マッソ組。
4位からの逆転だった。

高難度の個性的な技、独創性、ミスのない演技、二人の息がピッタリで乱れがなかった
プログラム構成も良かった、美しかった、文句のない優勝。
こういう結果なら本当にスッキリ納得できる。


スポンサーサイト

黙って抱いて

ph.jpg

o0320032013481988361.jpg

mylane-demongeot_a1.jpeg



解説

マルク・アレグレとウィリアム・ベンジャミンのオリジナル・シナリオをアレグレとオデット・ジョアイユー、ガブリエル・アルー、ジャン・マルサン、ロジェ・ヴァディムの五人が共同脚色、アレグレが「パリジェンヌ」につづいて監督した探偵喜劇。撮影は「雨のしのび逢い(1960)」のアルマン・ティラール、音楽はジャン・ヴィーネ。出演は「ローマの恋」のミレーヌ・ドモンジョ、「爪を磨く野獣」のアンリ・ヴィダル、「生きる歓び」のアラン・ドロン、「勝負をつけろ」のジャン・ポール・ベルモンド、ベアトリス・アルタリバなど。製作はマルク・アレグレ。
ストーリー

ヴィルジニー(ミレーヌ・ドモンジョ)は孤児院や養育園から脱走すること三度という経歴の持ち主。
友人のオルガと逃げ出したところをベビー・ギャングたちと知り合い仲間に入る。
警部のジャン(アンリ・ヴィダル)はヴァンドーム広場の宝石商からエメラルドを盗んだギャング団を街の兄ちゃんに変装して捜査中。
彼はヴィルジニーをギャング団の一味として捕えるが、この美人の犯人にすっかり惚れこみ、正体を現わしてしまう。
警官嫌いのヴィルジニーはジャンの素性が分ると怒り出し、復讐しようと決心する。が、その彼女にジャンが求婚する。
一度は拒絶するヴィルジニー、しかし彼の男らしさについつい結婚を承諾するが以前助けられたベビー・ギャングと離れるわけにいかず、夫の目を盗んで彼らの仕事の手伝いをつづける。
そうした彼女の動きを知ってか知らずかジャンは寛大な態度をとっていた。そのうち、彼はベビー・ギャングたちが密輸したカメラの中に問題のエメラルドが隠されているのを発見、ヴィルジニーの足どりを追跡してベビー・ギャングの親分であるギャング団の正体をとらえる。
そして今は、すっかり夫に惚れ込んだヴィルジニーは仲間のルルー、ピエローに応援を求め、ジャンにギャングの親玉シャルマーニュを逮捕させる。
ジャンは黙ってヴィルジニーを抱く。何か言おうとするヴィルジニー。
ジャンはその彼女に「美しく、そして黙って」とささやいた。...

スタッフ

監督
マルク・アレグレ
脚本
マルク・アレグレ
ウィリアム・ベンジャミン
脚色
マルク・アレグレ
オデット・ジョワイユ

キャスト

アンリ・ビダルJean
ミレーヌ・ドモンジョVirginie
アラン・ドロンLulou
ジャン=ポール・ベルモンドPierrot
ベアトリス・アルタリバOlga


作品データ
原題 Sois Belle et Tais-Toi
製作年 1958年
製作国 フランス


*何とも可愛い映画。
これって全然見た覚えがない。
若い若いアランドロンとジャン・ポール・ベルモントが出ている。
ミレーヌ・ドモンジョがとっても可愛い。
すぐ下着姿になるけど、どちかというとキュートな感じ。
そしてとってもスタイルがいい。バービー人形みたいなスタイル。
こういうスタイルの人って今、あんまり見ないなあ。
特に白人系は鍛えて筋肉質な感じの肉体が流行りなのか、
マドンナとかピンクとかいかつい。
でもこの頃ってバルドーもだけどとってもウエストが細くって女らしい体型で、
コケテイッシュ。
そのことに感慨を覚えた。
こういうところにも年月が感じられるんだなあ、
そういった印象を持ちました・・・。

お話は昔の少女漫画のような他愛もないロマコメ。
まあー少し冗長な感じの部分もあるけど、結構楽しめた。
60年代の映画ってやっぱりいいなあ。(この映画が作られたのは58年だそうだけど)
この頃って名作がたくさん生まれてる。
また少しづつ見直していきたい。

「刑事」
「ヴーべの恋人」
「わらの男」
「シベールの日曜日」
「禁じられた遊び」
「お嬢さんお手やわらかに」
とかね・・・。

2016年の全日本の

以下転載~~~~(2017年の記事)



      去年の全日本の女子のジャッジたちです。(この去年というのは2016年のこと)


レフリー:     吉岡伸彦
Tコントローラー:  岡部由起子
Tスペシャリスト:  神崎範之
ATスペシャリスト: 飯塚弘記

ジャッジ
No.1: 東 悦子
No.2: 久野千嘉子
No.3: 小塚あゆみ
No.4: 阿部鉄雄
No.5: 久納洋子
No.6: 山本さかえ
No.7: 宇垣静子
No.8: 小河優子
No.9: 藤井辰哉



執拗な回転不足と、たまげる程渋い加点、
さらには有り得ない程低いコンポーネンツをつけ
真央ちゃんを絶望させた奴らです。

元・三流たち
一流の真央ちゃんにいちゃもんつけて 楽しかったか?


https://www.youtube.com/watch?v=s2tcM0xiP-U&t=1s

真央全日本SP1
http://www.jsfresults.com/National/2016-2017/fs_j/nationalsenior/data0230.htm
http://www.jsfresults.com/National/2016-2017/fs_j/nationalsenior/data0203.pdf

https://www.youtube.com/watch?v=it0xzny6nsw

真央全日本FS2
http://www.jsfresults.com/National/2016-2017/fs_j/nationalsenior/data0250.htm
http://www.jsfresults.com/National/2016-2017/fs_j/nationalsenior/data0205.pdf


おい、三流ども

一流の真央ちゃんを引退に追い込んで、満足か?



ご覧いただきありがとうございます    <モスクワの鐘>

(転載終了)


以上の記事は2017年4月に書かれたもの。

岡部さん、先日TVにご出演なさってたんで思い出しちゃいましたよーーーー。
フジウエイも名を連ねてるわ。(やっぱりな)

第90回 アカデミー賞候補作品

2018年第90回アカデミー賞作品賞


・君の名前で僕を呼んで

・ウインストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男

・ダンケルク

・ゲットアウト

・レデイ・バード

・ファントム・スレッド

・ペンタゴン・ペーパーズ

・シェイプオブウオーター

・スリー・ビルボード





*ほとんどこれから公開の作品です。

この中では「ゲットアウト」だけ見た。

「ゲットアウト」は面白かった。終わり方も良かった。




2018年第90回アカデミー賞監督賞

クリストファー・ノーラン「ダンケルク」
ジョーダン・ピール「ゲットアウト」
グレタ・ガーウィグ「レディ・バード」
ポール・トーマス・アンダーソン「ファントム・スレッド」
ギレルモ・デル・トロ「シェイプ・オブ・ウオーター 」


*ゴールデングローブ賞では

ギレルモ・デル・トロ監督が受賞。

「パンズラビリンス」の監督。




2018年第90回アカデミー賞主演男優賞

ティモシー・シャラメ「君の名前で僕を呼んで 」
ダニエル・デイ=ルイス「ファントム・スレッド」
ダニエル・カルーヤ「ゲット・アウト 」
ゲイリー・オールドマン「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男 」
デンゼル・ワシントン「Roman J. Israel, Esq.」



*デンゼル・ワシントン、ダニエル・デイルイスは

以前に受賞し、常連と言っていい役者。

ゲイリー・オールドマンのチャーチル、まだ見てないので何とも言えないけど

かなりの熱演のよう。




ダニエル・カルーヤ

この他に「ボーダーライン」にも出演。


2018年第90回アカデミー賞主演女優賞

サリー・ホーキンス「シェイプオブウオーター 」
フランシス・マクドーマンド「スリービルボード 」
マーゴット・ロビー「アイ、トーニャ 」
シアーシャ・ローナン「レディ・バード 」
メリル・ストリープ「ペンタゴンペーパーズ 」




*またメリル・ストリープかよ、っていうくらい何度目だ、

メリル!

サリー・ホーキンスは「パデイントン」のママ役やってる人。

フランシス・マクドーマンドも実力派、「ファーゴ」で獲得済みの実力派。







シアーシャについて
・2007年公開の『つぐない 』で13歳という史上7番目の若さでアカデミー助演女優賞 にノミネートされて注目を集めた。
2009年12月公開[4] のピーター・ジャクソン 監督作品『ラブリーボーン 』の主役に抜擢され、
放送映画批評家協会賞 若手俳優賞、ラスベガス映画批評家協会賞 若手俳優賞など多くの賞を受賞した。










2018年第90回アカデミー賞助演男優賞

ウィレム・デフォー「ザ・フロリダ・プロジェクト(原題)」
ウッディ・ハレルソン「スリービルボード 」
リチャード・ジェンキンス「シェイプオブウオーター 」
クリストファー・プラマー「オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)」
サム・ロックウェル「スリービルボード 」

*ウッデイ・ハレルソンは「グランドイリュージョン」に出演していた役者さん。

同じ作品から二名の助演男優賞候補が出たのは初めてらしい。

クリストファー・プラマーは、セクハラ問題で降板させられたケビン・スペイシーの

代わりに急遽この役をやったとか。
つい先日も「サウンドオブミュージック」を見たところ。
まだ現役で活躍し、尚且つ候補に挙がるなんて素晴らしい。




2018年第90回アカデミー賞助演女優賞

メアリー・J・ブライジ「マッドバウンド 」
アリソン・ジャネイ「アイ、トーニャ  史上最大のスキャンダル 」
レスリー・マンビル「ファントム・スレッド」
ローリー・メトカーフ「レディ・バード 」
オクタビア・スペンサー「シェイプオブウオーター 」

*オクタビア・スペンサーも実力派。

「ドリーム」や「「ヘルプ」などに出演し、

受賞経験あり。












2018年第90回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞

「Abacus: Small Enough to Jail(原題)」
「フェイセス・プレイセス(英題)」
「イカロス」
「アレッポ 最後の男たち」
「ストロング・アイランド 」

2018年第90回アカデミー賞外国語映画賞

「ナチュラルウーマン 」(チリ)
「L’insulte(英題:The Insult)」(レバノン)
「ラブレス」(ロシア)
「心と体と」(ハンガリー)
「ザ・スクエア 思いやりの聖域」(スウェーデン)

2018年第90回アカデミー賞長編アニメーション賞

「ボス・ベイビー」
「The Breadwinner(原題)」
「リメンバー・ミー」
「Ferdinand(原題)」
「ゴッホ  最後の手紙 」






*今回は3月に発表。

ライブで見るにはWOWWOWに入らなきゃならない。

昔々は地上波でもやってたのになあ。

いつの間にかBSでやるようになって

ついに有料チャンネルのみになってしまった。


細雪

o0633034413795572658.jpg




2015y04m15d_205915746.jpg







細雪 あらすじ【起・承】

昭和13年、春。大阪の船場で老舗の暖簾問屋だった蒔岡家の四姉妹は今年もいつものように花見をするため京都の料亭に集まっていた。

本家を守る長女の鶴子(岸恵子)は婿養子で銀行員の辰雄(伊丹十三)と子供たちと、上本町の屋敷で暮らしている。船場の店家屋は先代の父が残した借金のために手放し、本家は上本町に移っていた。

次女の幸子(佐久間良子)は同じく婿養子で百貨店に勤務する貞之助(石坂浩二)と娘の悦子と、芦屋にある分家で暮らしている。まだ独身の三女・雪子(吉永小百合)と四女・妙子(古手川祐子)も分家の方で預かっていた。しかし2人の生活費は蒔岡の財産管理をしている本家の方から出ていた。

花見の席で鶴子と幸子は雪子の縁談のことで喧嘩をする。さらに最近人形作りを始めた妙子が自分の財産を渡して欲しいと鶴子に頼み、本家と分家の立場の違いで鶴子と幸子はぶつかる。それでも姉妹はいつも最後には仲直りをするのだった。

鶴子と幸子にとって妹2人のことは心配の種だった。姉妹の中で一番器量良しでおとなしい雪子には男を惹きつける独特の魅力があり、辰雄や貞之助も雪子に対して特別の感情を持っているようだった。それもあって雪子には早く結婚して欲しいのだが、本人は何度見合いをしても結婚を決めようとしない。すでに雪子は30歳になっていた。

周囲が雪子のことばかり心配するのを妙子は不服に感じており、姉や義兄に反抗的だった。5年前には船場の貴金属商店のぼんぼんである奥畑と駆け落ち騒ぎを起こし新聞沙汰となり、それがきっかけで妙子と雪子は本家から分家へ居を移したのだった。妙子は今も奥畑と切れておらず、さらに板倉という駆け出しの写真家とも付き合っていた。

紅葉の季節。妹2人を預かる幸子と貞之助は、雪子の縁談と妙子の監督に翻弄され続けていた。そんな時、辰雄に東京転勤の辞令が下りる。丸ノ内支店の支店長となる栄転であったが、大阪を出たことのない鶴子は喜ぶどころか大反対し、辰雄を困らせる。

細雪 あらすじ【転・結】

妙子の恋人であった板倉が中耳炎を拗らせて急死してしまい、それからの妙子はますます荒んでいく。奥畑は妙子に捨てられ、さらに放蕩三昧な生活態度と店の商品を勝手に持ち出していたことで勘当されてしまう。今の妙子は三好というバーテンダーに入れ込み、三好のバーに通いつめていた。そんな妙子を奥畑はしつこく追いかける。

父母の法事の席で辰雄の転勤の話と雪子と妙子のことが問題になる。蒔岡の家にこだわる叔母は、辰雄が転勤を断れないにしても雪子と妙子は本家に戻るのが筋であると説教をする。妙子は叔母と衝突し、本家に戻るくらいなら死んだほうがマシだと言い出す。

雪子は東谷という華族出身の男と見合いをする。家柄も人柄も申し分のない東谷を雪子も気に入り、縁談は順調に進んでいた。ところが妙子が家出をして三好のところへ行ってしまい、分家はそのことで奥畑から金をゆすられる。奥畑のことは金でカタをつけるが、東谷が妙子のことをどう思うか、幸子たちはそれを心配していた。

暮れも押し迫った頃。幸子と雪子は本家に呼ばれる。鶴子は蔵で道具類の整理をしながら、辰雄と一緒に東京へ行く決心をしたと話す。強い絆で結ばれている姉妹は涙を流して互いの苦労をねぎらい合う。

雪子は東谷が妙子のことを理解してくれ2人の関係は順調であることを報告する。妙子も三好との慎ましい暮らしの中で自分なりの幸せを見つけており、姉妹はそれぞれ前向きな方向で変化をしていた。

鶴子たちが東京へ行く日。雪のちらつく大阪駅には貞之助と雪子と東谷が見送りに来ていた。幸子は別れが辛いからと見送りには来ず、妙子の借家を訪れていた。汽車が出発し、涙を流して鶴子たちを見送る雪子の肩を東谷がそっと抱く。貞之助は複雑な面持ちでそんな2人の後ろ姿を見ていた。

小さな料理屋の2階で、貞之助は昼間から盃を重ねる。嫁に行く雪子を想い、貞之助はやけ酒を飲みながら泣いていた。


作品概要

製作年:1983年
上映時間:140分
ジャンル:ヒューマンドラマ、ラブストーリー
監督:市川崑
キャスト:岸恵子、佐久間良子、吉永小百合、古手川祐子 etc
(以上ネットより)


******************************************************

「細雪」はこれまでに3度映画化されており、いずれも日本映画史を代表するトップ女優が出演して話題となった。
最初は1950年に、花井蘭子、轟夕起子、山根寿子、高峰秀子、伊志井寛、河津清三郎、田中春男、
田崎潤、浦辺粂子、藤田進、香川京子、横山運平などのキャストで制作された。

最初は1950年
2014_0429-photo3.jpg

o0600043213795572536.jpg

2度目は1959年に、轟夕起子、京マチ子、山本富士子、叶順子、川崎敬三、根上淳、菅原謙二、船越英二、信欣三、山茶花究、浦辺粂子、三宅邦子、北原義郎、川上康子、八潮悠子、藤田佳子、穂高のり子、瀧花久子、村田知英子などが出演。

2度目は1959年
f074911ec836f9edc4a7f38885044e66.jpg

そして、1983年には市川崑監督がメガホンを執り、岸惠子、佐久間良子、吉永小百合、古手川祐子、伊丹十三、石坂浩二、岸部一徳、桂小米朝、江本孟紀、小坂一也、小林昭二、辻萬長、常田富士男、浜村純、横山道代、三宅邦子、細川俊之、三條美紀、仙道敦子、頭師孝雄、橋爪淳などの豪華キャストが顔を揃えた。

321749e67008bdca93dce654f0947ad6.jpg
伊丹十三も出演。

f34dc724b5da6919bed7e2679dd78618.jpg
中でも佐久間良子がとても美しい。
息をのむほど・・・と言っても過言ではない。

1c5b4e23-0b09-40a7-a20a-6cff9b0f39dd.jpg



三作とも見ている。
最初の高峰秀子の作品は少し長く感じた。
出演者はみな、見ごたえがあってよかった。轟夕起子は貫禄があるし、
山根寿子も綺麗だった。高峰秀子も勝気で美しい。

二作目は大映作品。京マチ子、山本富士子、叶順子ら
美しさの絶頂期だったし、これはこれで良いキャステイングだった。


そして本作は吉永小百合が珍しい役。
おとなしく、何を考えているかわからないようなところがあり、
しぶとく抜け目がない。こういう役はあまりやらない人なので面白い。
そしてやはりこの頃は綺麗だ。

石坂浩二、伊丹十三、などはよく演じている。
みな、大阪弁がなかなか上手い。
大阪、船場の言葉はまるで京ことばのようにはんなりしている。
大阪弁ががさつで柄が悪いように思われているが本来は
このように綺麗なものだ。
関西から東京へ出ている芸人が「大阪弁」かのように喋るので
それが印象付けられているのだろうが、意外と大阪出身者よりも
兵庫とか奈良とかもいる。
(ダウンタウンは尼崎である。さんまちゃんは奈良である)

桂米朝さんの話す大阪弁は昔のものに近かったのではないだろうか。
品があるのだ。


見どころは女優さんの競演、桜などの四季の風景、そして
絢爛豪華な着物の数々だ。

この着物がひとつの売りになっていて、三松が提供している。
小説ではこの着物の豪華さだけは描き切れまい。
(小説の方は未読)
谷崎潤一郎の作品は「鍵」「春琴抄」「台所太平記」くらいしか読んでない。
この「細雪」も読んだ方の感想を見ると、かなり映画では改変してあるらしい。
市川流に毒々しくなっているのだろうか。
しかし、テンポも良く面白く見られた。

最初のシーンでは桜の花の影が障子越しに感じられる淡いピンクが
浮かび上がり、とても綺麗だ。


今、ドラマで「平成細雪」が放送されているが、これはこれで
なかなか面白い。どうせ見劣りするだろうと思っていたが、
やはり原作の持つ「力」があるのだろう、確かにこれらの映画と比べれば
確かに小物な感じはするけれど、現在では致し方ないだろう。