トランボ

trumbo-4.jpg


★『ローマの休日』を世に送り出した稀代の脚本家トランボ。
ハリウッドから嫌われながらも偽名でアカデミー賞を2度も受賞した感動の実話!

★TVシリーズ「ブレイキング・バッド」で絶賛を博した、名優・ブライアン・クランストンが固い信念を貫いたトランボの型破りでユーモアに満ちた生き様を体現!

★2016年に日本公開され大ヒット!
第90回キネマ旬報ベスト・テン外国映画ベスト・テン第4位!!

★第88回アカデミー賞 主演男優賞(ブライアン・クランストン)&第73回ゴールデン・グローブ賞 ドラマ部門 主演男優賞(ブライアン・クランストン)・助演女優賞(ヘレン・ミレン)ノミネート!

作品内容

ハリウッド黄金期に一番人気のあった脚本家ダルトン・トランボ。しかし、順風満帆に見えた彼の人生は、一瞬で地に落ちる。当時、冷戦の影響により横行していた赤狩り。トランボはその標的となり、下院非米活動委員会への協力を拒んだという理由で投獄される。釈放された後も、名前を変えることで、秘密裏に「ローマの休日」などの物語を書き続け、二度もアカデミー賞を受賞する。1970年、トランボはWGA(全米脚本家組合)より功労賞を授与され、赦しと反省の大切さを述べ、物語は終盤へと向かう。

本作は実話をもとにした社会派ドラマでありながら、トランボの家族愛・映画への熱い情熱が伝わる真実と信念の物語である。

※2016年7月22日公開作品
配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES

あらすじ

第二次世界大戦後、赤狩りが猛威をふるうアメリカ。
その理不尽な弾圧はハリウッドにもおよび、売れっ子脚本家トランボは議会での証言を拒んだという理由で投獄されてしまう。
やがて出所し、最愛の家族のもとに戻るトランボだったが、すでにハリウッドでのキャリアを絶たれた彼には仕事がなかった。
しかし友人にこっそり脚本を託した『ローマの休日』に続き、偽名で書いた別の作品でもアカデミー賞に輝いたトランボは、
再起への道を力強く歩みだすのだった……。

キャスト&スタッフ

<キャスト>
ブライアン・クランストン、ダイアン・レイン
ヘレン・ミレン、エル・ファニングほか

<吹替キャスト>
トランボ役:金尾哲夫、クレオ役:佐々木優子、ヘッダ役:一柳みる、アーレン役:石住昭彦、ニコラ役:のぐちゆり、フランク役:宝亀克寿

<スタッフ>
監督:ジェイ・ローチ(『ミート・ザ・ペアレンツ』)
脚本:ジョン・マクナマラ
原作:ブルース・クック(「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」世界文化社刊)

6851.jpeg

trumbo_03.jpg

trumbo-cleo.jpg

20160712101049.jpg

scene_photo_02-w260-h174-c.jpg

trumbo-john-goodman.jpg

6845.jpeg

6711.jpeg

6855.jpeg
(以上ネットより)


*トランボの名前を初めて知ったのは「ジョニーは戦場へ行った」の時。
長くハリウッドから排斥されていた監督が自らメガホンをとった問題作・・・・とのことだった。
正直、繰り返してみたいとは思えない深刻な内容だった。
あまりに残酷で、悲惨で、悲しく苦しく、四肢を失う前の青春のジョニーが
煌めいているだけにとてもつらかった。
「コロシテクレ」「コロシテクレ」と、モールス信号を送るラストシーンは忘れようがない。

そして「パピヨン」
これも良かったー!マックイーンとダスティン・ホフマンの演技も素晴らしかったが、
絶望の中、諦めずに自由を求めたパピヨンの姿は今にして思えば
トランボ自身の投影だ。投獄された時の経験が色濃く出てるのだろう。



映画として面白かった。
テンポもよく、軽快にストーリーが進む。
家族の愛情や、仲間との絆、あるいは裏切り、しかしそれを許す、
受け止めていく。
書くことが闘いだった。
書くという武器で闘った。

猛烈に、生活のためと、ブラックリストの有名無実化のため、
書いて書いて書きまくった。

その中の「ローマの休日」と「黒い牡牛」がアカデミー賞を獲得した。
何とも痛快であった。
彼の並外れた才能は排斥したハリウッドをひれ伏させたのだ。

「ローマの休日」も勿論だが「黒い牡牛」も見たことがある。
特に黒い牡牛はトランボ自身が書きたいと思って書いた作品だっただけに
受賞は喜ばしかった。
仕事をさせてくれたキングブラザースがいてくれて良かった。
演じたジョン・グッドマンもとても良かった。

そのほか、奥さん役のダイアン・レイン
娘役のエル・ファニング、
皆とてもよかった。

オットー・プレミンジャーはドイツ訛りを駆使して演じ、
カークダグラス役はマイケルダグラスっぽくもあるという
面白さ。

ところどころ本物の映像もさしはさまれ、
ドナルド・オコナーやデボラ・カー
ケイリー・グラント、ロバート・テーラー、ジーン・シモンズなどの
顔も見え、とても楽しくてうれしい。

最後の方で「スパルタカス」の感想を聞かれたケネディ大統領が
「いい映画だね。きっと大ヒットする」と言ったことが決定的だった。
もう、ブラックリストは有効ではない、という象徴的なシーンだった。



アメリカがやったこの「レッドパージ」赤狩りは
ナチスやスターリンのやった粛清とあまり変わらない。
共産主義に反対するため、思想弾圧、言論の自由を奪い、仕事を奪い
芸術家の表現の自由を奪う。
「自由の国アメリカ」と言いながら
反対する思想への弾圧は社会主義国と
そう変わらないという皮肉。

チャップリンだってスイスへ行かざるを得なかったのだから・・・。
何十年もたって
ようやくチャップリンがアメリカに帰還し喜びの声を上げていたのを
よく覚えている。
スポンサーサイト

次は

ポワロのリメイク

「ABC殺人事件」
「もの言えぬ証人」


「スタイルズ荘の怪事件」

そして有名な「ナイルに死す」

などがいいなあ~。

やってくれないかなあ。
なるべく早くーーー






あッ!それと短編ながら面白かったのは
「うぐいす荘」!!
短いのでドラマ化はできないかもしれないけど、
これはとても怖かった。

とってもハラハラした。
ヒッチコックの映画を見てるみたいだった。


「検察側の証人」
これも好きな作品。

これは映画でチャールス・ロートン、マレーネ・ディートリッヒ、タイロン・パワーが出演した
ビリー・ワイルダア監督の「情婦」が秀逸だった。

チャールス・ロートンが退院したばかりで
看護婦がずっと付き添うのだが、この二人のコンビネーションが
実に面白かった。


これも映像化するのが難しい部分があるのだが、それを見事に
やってのけて、最初に見たときは驚愕した。
(本を読んだのは映画を見た後)


ディートリッヒの演技力によって成功している。
吹き替えで見たのだが、声を担当した初井言枝さんの演技も素晴らしかった。
これを三谷がリメイクしてくれたらなあ・・・。


黒井戸殺し

Dav8DqhUQAAmEcs.jpg





ネタバレあります

アガサ・クリスティ原作「アクロイド殺し」
脚本三谷幸喜


野村萬斎…名探偵・勝呂武尊(すぐろ・たける)=エルキュール・ポワロ
大泉洋 …医師・柴平祐(しば・へいすけ)=ジェイムス・シェパード=犬繋がりで芝(犬)か。
向井理 …黒井戸禄助の義理の息子・兵藤春夫(ひょうどう・はるお)=ラルフ・ペイントン
松岡茉優…黒井戸禄助の姪・黒井戸花子(くろいど・はなこ)=フローラ・アクロイド=フローラは花
秋元才加…黒井戸家の女中・本多明日香(ほんだ・あすか)=アーシュラ・ボーン
和田正人…復員服の男
寺脇康文…黒井戸の秘書・冷泉茂一(れいぜい・もいち)=ジンフリー・レイモンド=レイモンドで冷泉
藤井隆 …黒井戸家の執事・袴田次郎(はかまだ・じろう)=ジョン・パーカー
今井朋彦…黒井戸禄助の旧友、作家・蘭堂吾郎(らんどう・ごろう)=ヘクター・ブラント=ブラントで蘭堂か。
吉田羊 …黒井戸禄助の婚約者・唐津佐奈子(からつ・さなこ)=フェラーズ夫人
浅野和之…鱧瀬弁護士(はもせ・べんごし)=ハモンド=ハモとかけてるのね。
佐藤二朗…警部・袖丈幸四郎(そでたけ・こうしろう)=ラグラン=ラグランだから「袖丈」大笑いしてしまった♪
草刈民代…黒井戸禄助の義妹・黒井戸満つる(くろいど・みつる)=セシル・アクロイド
余貴美子…黒井戸家の女中頭・来仙恒子(らいせん・つねこ)=エリザベス・ラッセル
斉藤由貴…柴医師の姉・柴カナ=キャロライン
遠藤憲一…村の名士・黒井戸禄助(くろいど・ろくすけ)=ロジャー・アクロイド
いつも名前の置き換えも面白い。

ドラマ『黒井戸殺し』相関図

http://www.fujitv.co.jp/kuroido/story.html より引用

無1題




ドラマ『黒井戸殺し』あらすじ ネタバレ

昭和27年3月、片田舎・殿里村で唐津佐奈子(吉田羊)が死亡しているのを、村で唯一の医師である柴平祐(大泉洋)が発見した。死因は睡眠薬の過剰摂取。佐奈子は昨年、夫を毒殺した疑惑があり、柴の姉・カナ(斉藤由貴)は、佐奈子が夫殺害の罪にさいなまれ自殺したのでは、と推測する。柴の親友で村一番の富豪・黒井戸禄助(遠藤憲一)は、佐奈子に結婚を申し込んでいたため、彼女の死に大変なショックを受ける。黒井戸は、自宅に柴を招き、姪・黒井戸花子(松岡茉優)、義妹・黒井戸満つる(草刈民代)、秘書・冷泉茂一(寺脇康文)、旧友・蘭堂吾郎(今井朋彦)らと食事をした後、柴と二人になると、佐奈子が夫殺しの件である男に脅されていると話していた、と明かした。そこへ、佐奈子から遺書が届く。黒井戸は一人でそれを読みたいと言ったため、柴は屋敷を後にした。屋敷を出たところで、柴は、復員服を着た見知らぬ男(和田正人)とすれ違い、不審に思いながら帰宅する。すると、黒井戸が何者かに殺害された、と黒井戸の執事・袴田(藤井隆)から電話が来た。柴が屋敷に駆け付け袴田に聞くと、そんな電話をした覚えはないと言う。嫌な予感がした柴は、黒井戸の部屋の鍵を壊し中に入ると、黒井戸が短剣で背中を刺されて死んでいた。
その後、屋敷に刑事・袖丈(佐藤二朗)が到着し、捜査が始まった。聴取を受けた女中頭・来仙恒子(余貴美子)が、東京にいるはずの黒井戸の義理の息子・兵藤春夫(向井理)を村で見かけた、と証言したことから、春夫に疑いがかかる。春夫の婚約者・花子は、春夫の疑惑を晴らそうと考えを巡らす。半年前に柴家の隣に引っ越してきた職業不定の不思議な男が、実は引退した名探偵・勝呂武尊(野村萬斎)だと思い出した花子は、ぜひ勝呂に捜査を依頼したいと、柴に相談に来る。あまり気乗りしない柴だったが、花子の必死の願いを受けて勝呂に捜査を依頼。勝呂は花子の依頼を快諾。柴に、ホームズのワトソンの様に相棒としての協力をお願いする。渋々勝呂と行動を共にすることにした柴。コンビとなった二人は、捜査を開始、警察や黒井戸邸を訪れる。袖丈警部から、失踪した春夫だけでなく、あの晩黒井戸邸にいた全員が容疑者であると聞いた勝呂は、黒井戸家の女中・明日香(秋元才加)を始め、関係者全員から証言を得る。すると、次々と不可解な事実が浮かび上がる。そんな中、黒井戸の弁護士・鱧瀬(浅野和之)は、黒井戸親族や関係者を集め遺産相続について話し始めた。すると、衝撃的な事実が明らかとなり…。

http://www.fujitv.co.jp/kuroido/story.html より引用


ドラマ『黒井戸殺し』 原作 ネタバレ 犯人

原作 アガサ・クリスティー(1890~1976)「アクロイド殺し」

小説家アガサ・クリスティーの6作目となる長編小説。

主人公・エルキュール・ポアロが活躍するシリーズとしては3作目にあたる作品。

あらすじは、イギリスの片田舎で隠居生活を送っていたポアロの隣家で起こった殺人事件について、検死にあたったジェイムズ・シェパード医師とともに真相究明にあたるというもの。シェパード医師を「わたし」として、彼の視点で書かれた手記による語りで物語は進行していきます。

発表当時としてはかなり斬新だった犯人についての叙述トリックが話題を呼び、読者に対して「フェア・アンフェア論争」というものを巻き起こしました。
(以上ネットより)




DWCE-6tVMAAtkud.jpg


(ネタバレあり感想)

「アクロイド」を「黒井戸」と。
もうその時点で大笑い。
心地の良い笑い。
さすが三谷!
「オリエント急行」から数年。
また、リメイクでもパロディでもいいので三谷幸喜で
何か作ってほしい!と思っていたらクリスティの「アクロイド殺し」!!

発表当時、物議を醸したという問題作。
私は原作をもう40年ほども前に読んだが、とても面白いと思った。

本の帯なんかに「発表当時賛否両論」「フェアかアンフェアか!?」などと
煽り文句が書かれていたので、よっぽど意外な人物なんだろうとアタリをつけて
読んだので、途中で「そういうことか!」と
ある程度は察しがついたが、これが何にも知らずに読んでいたら騙されたに違いない。
まずは「犯人」から無意識に除外してしまうから。
「叙述トリック」というものを初めて体験したのがこの作品だったのではないかと思う。
読み物として面白いし、登場人物それぞれが秘密(嘘)を抱えていて
怪しいように思わせる。


それを日本に置き換えて、そして野村萬斎=ポワロ=二度目のお披露目で
そして「大泉洋」、そうきたか!と
期待は膨らんだ。
三谷だから信頼していたが、これもかなりいい出来だったと思う。
多少の改変はあるが、許容範囲だ。


先月の天海祐希や黒木瞳を配してのリメイク版がお粗末だっただけに、
尚更、上出来だ!と思った。

やはり時代設定は、「昔」にするのがいい、とあらためて思う。
あの家屋敷や時代背景、風俗などが原作に近いほど
その世界に抵抗なく入っていける。
「パディントン・・・」等のリメイクでは現代に置き換えられており、
ケータイ電話を使ったりするので興ざめだった。


また、こちらはキャスティングがとても良かった。
それぞれがハマっていて、違和感がないし、達者な人で固めているので
コミカルな面、深刻な面、それぞれが緩急となって一層面白さを際立たせている。
藤井隆も、表情だけで笑わせるし、アリバイに使った余貴美子の見せる「絵」も
大笑いしてしまった。
あちらこちらに小ネタを挟むがそれが丁度いい塩梅で、うるさくなく邪魔にならず
笑いを生み出しながら、ミステリアスな雰囲気も醸し出す。

そして出色の出来は大泉洋。
人が良さそうで三枚目の雰囲気を持ち、
知らないで見たら到底犯人像とは疑わないような人物像をとても
巧妙に演じていたし、犯人だった、とわかってからの表情の変化も見逃せない。


あ~楽しい一夜だった。
クリスティをこんな風にリメイクしてくれるなら大歓迎。
三谷のクリスティへの愛が感じられる。
敬愛している人が作ってくれるものは違うのだ。

また、こういうものを作ってほしい!
まだまだネタは一杯ある(微笑)

J・エドガー

t02200308_0343048011772233420.jpg

原題:J.EDGAR
2011/アメリカ 上映時間137分
監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド
脚本:ダスティン・ランス・ブラック
製作:ブライアン・グレイザー、ロバート・ロレンツ
製作総指揮:ティム・ムーア、エリカ・ハギンズ
撮影:トム・スターン
美術:ジェームズ・J・ムラカミ
編集:ジョエル・コックス、ゲイリー・ローチ
衣装:デボラ・ホッパー
出演:レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、
ジョシュ・ルーカス、ジュディ・デンチ、デイモン・ヘリマン、ケン・ハワード


(あらすじ)
1924年にFBI初代長官に任命されたジョン・エドガー・フーバー(レオナルド・ディカプリオ)は、歴代の大統領に仕え、
数々の戦争をくぐり抜け、半世紀にわたって法の番人としてアメリカをコントロールしてきた。
しかし、フーバーには絶対に人に知られてはならない秘密があった……。(以上、シネマトゥデイより)


(ネタバレ感想)

エドガー・フーバー長官、子供の時この名を聞いたことがあった。
48年間FBI長官として国民を守るため、歴代の大統領に仕えながら
頑張った人物。


その人のやってきたことをドキュメンタリータッチで描かれるのかと
思ったが、それもあるが実は性的マイノリティであった、という
「真相はかうだ」的な?
この人のプライベートな部分、しかもコアな所を描こうとしたものだったのだろうか。
しかし正直、私はこの人がゲイだろうがホモだろうが
だから何、としか思えなくて、
そういう点にはあまり興味がない。

それよりはやっぱりFBIというものを「我が子」のように産み育てた
そのあたりのことの方がとっても興味がある。

この頃、実は「同性愛者」だったんすよー
みたいな暴露的な?映画があったりするんだけど
アメリカってそんなに同性愛が多いのかと思うくらい、
有名人でカミングアウトしたりするのって多いような気がする。
全体の数からしたらそりゃ、圧倒的に少ないんだろうけど。
そんなに「実は・・・」ということがインパクトがあるのは
やはりどこか特別視しているからではないのか。

何か、結局この作品、エドガーとトルソンの秘めたる恋物語を
描きたかったのか?といったような印象を持ちました・・・。

220px-Hoover-JEdgar-LOC.jpg
これが実際のフーバー。
ギョロ目ですな。


2_20120202230815.jpg
アーミー・ハマーが良かったわ。
老けメイクはイマイチだったけど・・・。
チャーチルのメイクをした日本の人にやってもらえていればねえ・・・。
アーミー・ハマーは「ソーシャルネットワーク」でハーバードのエリートの双子を
演じていたけど、エリートらしく見えた。「コードネームアンクル」の
イリヤも良かった。
祖父が石油王なんだって。
本物のお坊ちゃんなんだー。

ナオミ・ワッツもいい感じ。
この人も結構色んな役をやっているけど、いつもどんな役でも印象がいい。





(以下はネットより)
ジョン・エドガー・フーヴァー (John Edgar Hoover, 1895年1月1日 - 1972年5月2日) は、アメリカ連邦捜査局(FBI)の初代長官である。1924年5月10日に司法省内の捜査局(Bureau of Investigation:BOI)の第6代長官に任命され、組織がFBIに改称された後の1972年に死去するまで長官職にとどまった。
就任当時の第29代カルビン・クーリッジから第37代リチャード・ニクソンまで、8代の大統領に仕え、これは現在に至るまで合衆国で、最も長く政府機関の長を務めた人物の記録となっている。
なお彼以降はFBI長官任期は、10年に制限されている。

フーヴァーはFBIを巨大な犯罪捜査機関として強化したことや、指紋ファイルや法医学研究所などの捜査技術の近代化と科学的な捜査手法を導入したことで称賛された。

晩年と死後、フーヴァーは権力の乱用が明らかになり議論の余地のある人物となった。
彼はFBIの管轄権を超え[1]、政治的な反対者や活動家に対してFBIを使って秘密ファイルを作成し[2]、不正な方法を使って情報を収集したことが判明した[3]。
その結果、フーヴァーには権力が集中し、大統領をも脅かす立場となった[4]。伝記作家のケネス・アッカーマンはフーヴァーの
秘密ファイルが大統領による罷免から彼を守ったという考えは誤っているとする[5]。しかしリチャード・ニクソンは1971年にフーヴァーを罷免しなかった理由の1つとして、フーヴァーからの報復を恐れていたと述べている[6]。

ハリー・S・トルーマン大統領によれば、フーヴァーはFBIを秘密警察へと変えた。
トルーマンは次のように述べている:「ゲシュタポや秘密警察は欲しくない。FBIはその方向に向かっている。
彼らはセックススキャンダルと明らかな脅迫でちょっかいをだしている。J・エドガー・フーバーは乗っ取るために右目をつけ、上院と下院の全ての議員は彼を恐れている。[7]」
(転載終了)

以上のようにとても興味深い人生なので
いっそドキュメンタリーで見た方が面白いかもしれない。

男どき女どき(おどき めどき)

/strong>003-01.jpg

向田邦子原案のスペシャルドラマ。
「男どき女どき(おどきめどき)」とは幸運に恵まれているときの"男時"、すべてがうまくいかないときの"女時"の意味。

向田作品ではおなじみの田中裕子、小林薫、加藤治子らと演出・久世光彦で昭和 10 年代に生きる市井の人々の悲喜こもごもを丁寧に綴る。

【ストーリー】
職業軍人だった父親を満州事変で失い、母子 4 人でつつましく暮らしてきた大島家。
その大島家で長女・菊子(田中裕子)の結婚が決まった。
相手は東亜経済研究所員の平岡正雄(三浦賢二)だ。
縁談には母・里子(加藤治子)、兄・一郎(小林薫)も賛成で、式も滞りなく済んだ。
幸せな新婚生活が始まったかに見えた菊子だったが、夫の正雄に何かなじめないものを感じていた。さらに菊子の兄・一郎も何やら秘密を抱えていて...。

【スタッフ】
原作・原案:向田邦子
脚本:寺内小春
監督:久世光彦

【出演者】
田中裕子、小林薫、加藤治子、渡辺えり子、三浦賢二、木内みどり、三木のり平、久我螢子、波乃久里子、すまけい ほか

【ナレーション】
黒柳徹子

(感想)
珍しく間諜モノとでもいうか
ちょっとサスペンス含み。
自分の主人が実はスパイ・・・というか、
恐らく特高警察のような、秘密裏に情報収集する組織と思われるが
兄がどうやら共産主義に傾倒しているようで、そのため
結婚までして入り込むというのだから凄い。
本当にこんなことあったのだろうか?

ヒッチコックの「汚名」では
イングリット・バーグマン扮する主人公がクロード・レインズ扮するナチス側の要人のもとへ
好きでもないのに情報収集のため嫁ぐ、という設定だったが・・・。


田中裕子の夫役の三浦賢二という俳優さんを初めて見た。
今はまったく見かけないがどうしているのだろう。
なんか、印象的な役者さんだった。

任務の為に田中裕子扮する菊子と結婚した平岡だったが、
本当に愛してしまっていたのではないだろうか。

なまめかしいような描写が心をざわめかせるが
こういうのがお正月ドラマとして放送していたんだと思うと
結構自由な時代だったのかなと思う。

田中裕子はこのシリーズではいつもいいんだが
この役ではちょっと作りすぎ(セリフの喋り方が可愛ぶって聞こえた)
のような気がしてあまり・・・今回に関しては
イマイチだった。

小林薫は素晴らしい。

三木のり平が出ているが、ちょい役みたいな感じで残念。
「男どき女どき」のことを喋らせている。

菊子と平岡のミステリアスな夫婦関係と、
三木のり平と波乃久里子のコミカルな夫婦関係のバランスが
ギャップがあって面白い。

最後は兄の小林薫が大陸へ出征して帰らぬ人となった、と
ナレーションで語るのみ。
菊子と平岡夫婦はどうなったのか・・・そりゃ今まで通りにはいかないだろうね。
結局、別れたんだろうね・・・。